現実はそんなに楽しくない!!結婚まで決めた初めての彼女が寝取られた

PR

僕はもともと若妻が犯されて堕ちちゃうみたいな筋のフランス書院文庫なんかが好きで、自分ではちょっと変態だオレ、ふふふ、とか思ってた。

今で言う寝取られスキーですね。
高竜也先生の「兄嫁28歳」が愛読書で…。

そんな妄想一筋、生涯一童貞の道を突っ走ってた僕だが、社会人になって、ようやくカノジョができた!そりゃもう有頂天さ!だが、待っていたのは地獄だった…。

カノジョは、ウチの会社の外注さんで駆け出しグラフィックデザイナー。
身長は150cmあるかないかで、顔や体型は島崎和歌子みたい。

デブじゃないが、二の腕や肩なんかの筋肉が逞しくて、ミッチリ詰まってる感じ。
でも肌は鼻に小さな雀斑が浮くくらい白く、たまらなくセクシーに思えた。

僕のお初は「注射しまーす、ハイ、ハイ、ハイ、終りましたー」てな具合だったが、成功?
童貞と見破ったかどうか知らないが、後々もカノジョがリードしてくれた。

胸をちょっと突き出して、僕に含ませたり、頃合になると股を軽く開いて、僕のお尻に指をかけたり、次に何をするべきかサインを出してくれた。

何気にセックスの上手な子だったと思う。でも4つ下。

カノジョと付き合うようになってから、エロビデオや、フランス書院文庫のことも忘れ、ひたすらカノジョの体を可愛がった。

体毛が薄くて、アソコの毛もチョロッ。
体の割に大きなお尻もスベスベしてて、弾力のある肉はツルンとしてつかめないような感じ。気持ちよかったー。

アソコも抜くときチュルッとくっついてくるみたいで、すぐ漏らしてしまいました。
可愛くて可愛くて、どうにかなってしまいそうだった。

二人で会うとき以外は、カノジョの友達二三人と、僕の会社の友人Yを交えたグループで遊ぶことが多かった。
友人は、今まで会った誰よりも笑いのツボが似ていて、僕とちがい流行に強く、イイヤツに出会えたと思ってた。

もともとカノジョとのきっかけを作ってくれたのも、Yだった。
少し軽い男で合コン大好き。
入社した頃失恋して、まあ出会いのチャンスづくりに頑張っており、僕もアチコチひっぱり出された。

カノジョとの合コンもYの仕込み。
友人歴はYの方が僕より長かった。

そうして幸せと快感いっぱいの1年が過ぎ、ある年のクリスマス…バカと言わないで…いや言われても仕方ないか…僕は一人三万円の高級フランス料理店でカノジョと過ごすべく予約を取った。

なんとならばー!結婚してほしい、なんて言っちゃったりしてー!と思ったのだ。
ああ、今思うと恥ずかしさで転げまわりたい!
でもあの時は本気だった。

かなり前から予約を入れた。
僕にはバラ色の未来しか見えなかった。

カノジョが突然変わってしまった。
当日の三週間くらい前、急に髪を真っキンキンに染めた。

何の相談もなかった。
体も心もトロトロに溶けて一体になっているように思い込んでいた僕は、はじめて違和感を感じた。

白すぎる肌で金髪にすると、全体がハレーションを起こしているように見えて、印象が完全にちがう。

初めて見る真っ赤な口紅が似合ってたが、健康的な雰囲気が消し飛んで娼婦みたいだった。
ちっとも笑ってくれない。

急転直下、僕は対応できない。
すごくぎこちなくなってしまった。

髪のことを聞くと、流行ってるからとか、なんかうざったそうだし、顔が怖い。
どうしたの、と聞いても、ウチ以外から来た仕事が死ぬほど忙しいと言われては、あまり口出しもできない。

グチも言わない。
エッチに誘う空気でもなし、ウソみたいに会話がなくなった。

多忙を口実にしてあまり会ってくれなくなり、電話もすぐに切ってしまう。
でも…でも…クリスマスさえくれば…。

最悪。
あのクリスマスにぴったりの言葉だ。

二人で過ごす約束はしていた。
当日驚かせようと例の高級レストランに連れて行くと、こんな高い店に来るとは思わなかった、帰ると言い出す。

本気で迷惑そうだった。
けんかになった。
しまいには「私から誘ってくれと頼んだわけじゃない」と言った。

そりゃあない!OKしたくせに!
僕はこの言葉が許せないと思った。非常識だと思った。
カノジョがこんなことを言うなんて信じられなかった。

結局、カノジョはまさに渋々テーブルに着き、仏頂面でフルコースを食べた。
なんも言えるわけねーよ!

僕は頭に来て、というより愕然として、どうしたらいいかわからず、その後なかなかカノジョに連絡できなかった。

正月休みには二人とも帰省するのだが、僕は一人アパートで悩んでいた。
しかしカノジョが帰ってくるだろう日に会いに行く決心をした。

電話で沈黙の間ができるのがイヤで、直接カノジョのアパートに車を飛ばした。
とにかく会いたかった。
マジで激しい筋肉痛みたいに胸が痛かった。

ショックで全身の毛が逆立った。
アパートの前、いつも僕が路駐している場所には、Yの中古ゴルフ(メチャ安)が収まっていた。

最初のショックが過ぎると、頭がボゥっとして、夢の中にいるみたいだった。
僕は感情とかないまま車を止めて、ぼんやりカノジョの部屋の窓を眺めてた。

あたりが暗くなったので、7、8時間そうしてたのだろう。
やがて、窓に明かりが灯った。

気がつくと、僕は当てもなく車を走らせていた。
Yが出てくる姿はとうとう見ることができなかった。
明け方、車の中で寝た。現実感が全くなかった。

会社が始まって、ある日の定時後、“友人”Yに僕は腹を割って話をしてほしいと頼んだ。
Yは逃げ腰でとり合おうとしない。
しまった、という感じで一瞬目をむいたが、後は本当に面倒くさそうだった。

らちがあかないので、Yの腕をつかんで無理に会議室に引っぱっていった。
僕の方が二回りほど大柄だ。

座らせると、ふてくされたような顔をして…言った

「見たんやろ。見たとおりや。正月ずっと一緒や。別れた言うとったで。そうやろ。今、オレら付き合うてるつもりやから、お前、全然関係ないんちゃうん?」

あっ、うっ、ぐっ。
その時の僕の頭に中を表現すればこんな感じ。なんにも考えられなかった。
お前、友達のくせに!などという言葉も出なかった。
そう、僕は友達ではなかったのだ。コイツから見れば。

僕が間抜けにフリーズしているのを見透かして、Yはさっさと逃げてしまった。
Yの口ぶりからして、この弁解が即興のデマカセだとわかった。
しかし、もう、追う気力は欠片もなかった。

足元がガラガラと崩れていくようなショックだった。

Yは捨て台詞に、余計なこと言いふらすなよ、と言った。
一瞬カッときたが…しねーよ、そんなこと!だが、
一週間もしないうちに、Yは自分に都合の良い話、
オレもツレーが、カノジョがオレ(Y)を選んでしまったんだ、というストーリーを広めてしまった。

二枚目だ。事実関係上ウソはない。
僕は別れた認識はなかったけど、カノジョはそう思ったのかもしれんし…。

でも、一言、僕にスジを通してくれよ!なんて言えなかった。
あきらめの悪い、逆恨みの負け犬っぽいから…。

しかも、わざわざ僕に口止めしといて…何も言わないけどさ…
Yは見た目も喋り口調も西田俊之っぽいイイ人キャラだったのに。
僕は怒りより、もー、おったまげ。

その後、Yとカノジョは大っぴらに付き合いだし、Yは社内でも二三年したら結婚すると吹聴して回っていた。

仕事上のことでさえ僕を無視しようとするYが、まるっきり別人に見えた。
僕は惨めな男として陰口を叩かれるようになった。
のた打ち回りたいような苦しみをかくして、僕は自分のちっぽけなプライドを守るためにポーカーフェイスを貫いた。

だが、一人で寝ていて、今この時にYがカノジョの体をいじり回し、舐めまわし、ハメ狂っているのだと思うと嫉妬で気が狂いそうだった。

カノジョはあのやさしいボディサインでYを胎内に導く…。
カノジョの汗の匂い、ショッパイ肌の味、あのメチャメチャ気持ちいいヌルヌルの肉の穴…。全部Yのものだ。

しかし、あきれたことに春を待たずに二人は別れた。
するとYは、ずっと無視してたくせに、わざわざ僕の机に「オレら別れたから」と言いに来た。

知るか!
何だったんだろ?交替!次は君の番だよ、てことか?

Yはちょっと周囲にあきれられた。こんなことがある前は、若い連中仲のよい会社だったんだが、以来、お互いちょっと距離をおくようになったと思う。

警戒心が漂ってるように見えた。
Yが合コンを企画しても、あまり人が集まらなくなった。

Yはその後も社内の巨乳ブス(年上)を後輩二人と三つ巴で取り合ったり、支店の若い子を誘って、その彼氏(支店内カップル)ともめたり、お盛んだった。
寝取りスキーだったかも。見境ないだけかもしれんが。

僕は、カノジョの友達の一人とメールのやりとりをしていた。
カノジョに遠慮して、Yとくっついている間は何も教えてくれなかったけど、破局後、なぜカノジョが変わってしまったのか明かしてくれた。

例のクリスマスに婚約を申し込む計画を、僕はYに打ち明けていた。
Yはあっさりカノジョにリーク…クッ!

ちょうどその時、カノジョが昔、大失恋した相手がヨリを戻そうと言ってきた…とよっ!
まだ気持ちが残ってたためか、僕の先走った気持ちを、カノジョは急に重く感じてしまったのだそうだ。

髪を染めたのもジレンマに苦しみ、思い切って気分を変えたかったんだと。

カノジョ悩んでたって。
僕の顔をマトモに見れないとその友達に言ってたそうだ。

急に冷たく無愛想に見えたは、そのせいだったらしい。
僕のことは好きだけど結婚は早すぎる…(同意…)。

クリスマス当日は、僕の意図が分かっているものだから、極度にパニクってたらしい。

そして僕から逃避して、元カレと会ってみたのだが、そいつはその時オンナがいなくて、とにかくヤリテーってだけなのがミエミエで幻滅。

後悔して狂乱に陥り、Yに相談。とにかく誰かにすがりたい状態で、やさしくされた上に告白されて、誘われるままにYに体を開いてしまった…。

正月休みは、毎日、朝から晩までYと体を貪り合ってたらしい。
きっと、僕が買ってカノジョの部屋に置いてあったコンドームがお役にたったことだろうな!

しまいには、Yはセックスばっかり、とこぼしてたそうだが…。

別に結婚がイヤなら、まだ早いし考えてないと言ってくれればよかったのになあ。
頭でそういうシュミレーションもしてたし。

やっぱり、Yのクソがペラペラ情報もらすからつ!
ぐおおおおおおーーー!!!
…それはそれとして、当時、僕は周囲の誰も信用できなくなってたので、カノジョの事情も眉にツバをつけて受け止めてた。

その情報をもらってすぐ、案の定、カノジョから会ってほしいと連絡があった。
ナメんなよ!としか思えなかったが、ムキになるとよけいにバカにされると思い、一度会った。

カノジョは昔のノリを再現しようと頑張っていたが、僕の全力のポーカーフェイスに耐え切れなくなり、ポロポロ涙をこぼした。

笑わんでください…僕はこの時心の中で「鬼になれ!」って何回も唱えてました。
鬼だ!鬼になるんだ!…マジ。

付き合う前みたいに、友達でもいいから…とカノジョは言った。
僕は、やっぱりウンと言えなかった。

勝手に口がパクパク「いいよ」と言ってしまいそうなほど、超ド級の未練が湧いて来たがー、我慢…バカですか?お互い平静を装ってした最初の世間話がねえ…楽しいのなんのって!でもやっぱりこれもウソかも、とか思ってしまって…。

今はカノジョも僕も転職してしまい、なにもかもが遠くなりました。
Yをはじめ、会社の連中とも音信不通。

こうして書いてみて、僕はスッキリしましたが、萌えられそうもない暗い話でスイマセン。

僕は寝取られスキーの才能がなかったんですね。
妄想は今でも好きだし、書いていて彼女のセックスを思い出して勃起してましたけど、その時はツライだけでした。

寝取られスキーは選ばれた天才だけに許された道だと思うので、やはり凡人は、自分の恋人をけしかけたりしないほうがいいんではないかと…余計なお世話スマン。

これにて失礼いたします。
読んでくれた人、どうもどうも有難う。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    頑張れ~

  2. 匿名 より:

    頑張れ!

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1279記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。