妻とのSEXに刺激が欲しくて…妻に内緒で隠し撮り投稿、スワップ計画

PR

妻30歳 スペック
156cm 46kg B82 Bカップ くびれ有りサイズ不明

ヒップ大きい 乳輪小さめ 乳首大きめ 陰毛薄め 大陰唇クリ周りのみ
小陰唇薄め小 性感帯 耳 口(キスでも感じるらしい)
乳首(乱暴にしても大丈夫、噛んで摘まんで捻って引っ張って、何でも感じまくる)クリ(電マには耐えられず、それぐらい感じる)
マンコ(濡れまくり) 膣内 前側に数の子天井有り(いわゆるGスポットで指まんで逝く、が、もっと感じるのは、後ろ側のポルチオ部、バックでつきすぎると失神するので注意)
アナル(指いれのみ、ほぼ未開発。痔になるから嫌だって、痔はない)
男性経験 自分のみ(18歳で処女を頂きました。)
オナニー(していないと言うが?)
出産1回(妊娠線なし)

自分の事は別にいいよね。

Hは昼間は駄目、明るいと恥ずかしいらしい
昼間のホテルも嫌
夜のHも明かりは駄目
プレイはいつもノーマルです。

前戯は長めでクンニでまずいかせます。
次に息を整えて指まん、Gスポットでもう1回いかせます。

次に、耳元で囁きながら責めます。〝指が1本、2本入ったよ〟
〝自分でクリ触って、お尻まで濡れてる〟
最後に妻の手首をつかんでマンコに持って行きます。
そして、指1本、2本とマンコにいれさせます。

ここまでで興奮マックスなのですが、更に自分も中指を入れます
〝3本入った、嫌らしい〟この囁きが合図でマンコを妻自身の指二本と、自分の指1本の3本で手マンしながら?されながら?足の指先まで痙攣しながら果てます。

挿入は短いです。 15分ぐらいしか持ちません
正常位から騎乗位、この時乳首を舐めてもらい息子がフル勃起となったら、正常屈曲位(1番奥まで届いて、気持ちいいらしいです)で果てます。

その時妻の乳首を左手で乱暴に捻り、クリを根元から右手で捻ります。
これがいいんですって 、殆ど2回戦はないです

子供が出来て暫くはHも無く、2年位
そして、ついに解禁

子供の夜泣きにドキドキしながら、隣の布団でHをした時
目覚めたのです
いわゆる見られたいという感覚に
妻も同じだったようです

声が出せないシチュエーションに濡れ方半端ない事
とは言っても、昼間Hな話しは全くしない妻です
夜の営みのみが続きました

子供が幼稚園に入り、ビデオを買いました。
そこで赤外線撮影が出来る事に気付き
妻を誰かに見せたい
日常では考えられないこの痴態を
の衝動に負けてしまいました。
撮影はドキドキでした。
バレたら………

なかなか難しく、遠目だと赤外線が届かない、近くだと触ってバレる
アングルも大事ですね。ハメどりAVで勉強
据え置きから手取りと撮れるようになりました。

撮影動画は宝物でオカズになります。
Hとは違う感覚です
でも、物足りないのです

やはり
妻を見られたい!
投稿する事にしました。

でも調べると、国内サイトではモザイク必須
何も面白くありません

サイトは言いませんが、海外バレOKに投稿しました。
勿論、すべて、ヌルヌルマンコも濡れアナルも大公開です。

自分の顔はモザイク
妻の顔も公開です
目をつむって感じている顔はわからないものです。

良かった。

やっとスッキリしました。
妻で抜いてくれる
妻が犯されている
興奮でした。

赤外線盗撮、投稿に興奮していたのも2年弱
やはり……アングルもマンネリ化、そう、飽きてきたのです

ある夜、前戯までは良かったのですが挿入の時に フニャチンに
お口と乳首を舐めてもらい、何とか固くして果たしましたが…

妻は何も言わなかったのですが、その日から元気がなくなった自分に心配してくれていたようです。

買い物中に〝元気ないね〟と
そして、つい、つぶやいてしまいました。
〝刺激が…〟

それから1月夜の営みはしませんでした。
その間考えました。どうすれば刺激が?
初めはただ、動画ではなく、直に見られたらと考えただけでした。

計画は入念にたてました、我慢汁を出しながら、3ヶ月。
子供の幼稚園が夕方までのお預かりの日に決行です。

〝肉食べたい、元気になりたい〟と昼食に牛鍋をリクエスト
昔2人で行った事がある牛鍋屋に行きます。

美味しく頂きながら〝元気が出てきた〟をアピール
そう、ちょうど妻は営みのお預けを食らって4ヶ月、生理前の1番やりたい時期です。凄く嬉しそうでした。

和室を出る時にお尻を触っ、レジの前でお尻を触っ夫婦間のHがしたいサインです、いつもはうちの中ですが今回は外で人前、妻の戸惑いとそして同時に、感じているのがわかりました。

店を出てすぐ、妻の腰に手を回しつぶやきます。
〝少し休みたいね、お迎えは大丈夫?〟
〝大丈夫、4時にお迎えだから〟

でも、もう1時、これからホテルでは家までの距離と時間を考えると…
妻も直ぐに察した様です。〝どうする?〟と少し心配そう

〝近くでいいよ、よく分からないけど、あそこでいいんじゃない?涼しそうだし、……触りたい〟妻も頷きます。

所謂カップル喫茶とやらです。偶然目の前に有りました。
もちろんそんなわけありません、全て予定通りです。

でも、自分も初体験です、ドキドキしながら8Fへ
閉まってなくて良かったです。

そう、必ず空いているんです。
確実では無かったのですが予約してましたから。

状況を先にメールと電話で説明して、長いという説明も短くお願いしました。
〝休憩したいのですが、2時間位ですが?〟
〝初めてですね、入会金は半額で…お荷物は…入ってシャワー…〟

妻が緊張しているのがわかります、自分もドキドキ、それを察したのか
〝一番奥の部屋にどうぞ、 ま だ 誰 も い ま せ ん か ら 〟
その言葉で妻も決心がついたようでした。予定通りです。

急いでシャワーを浴びます。妻は隠しましたが、パンティーにしみが…
部屋というよりシートに座って、周りは確かに誰もいませんが…

誰か来たら、見られまくりですよね、妻は不安そうに〝大丈夫?〟
〝大丈夫、昼間だし誰もこないんじゃない?〟
〝我慢出来ない、こんなに〟キスしました実際、今までで一番の息子です。でも、誰も来ないは嘘です。

キスをしました。
唇、歯茎、そして耳、うなじ
妻は耳が凄く感じます、そして他のお客がやってきました、同時に2組常連さんと、初めてのカップルです。

耳を舐めます、指も入れます。
妻が誰かが来るのに気づかないようにしたのです。

そのまま10分位でしょうか、やっと、常連カップルさんがやってきました
それまでに、妻は乳首をいじられて、ひねられてびんびんですがマンコは放置状態です。

妻が“えっ”
隣の席に人が来たことにびっくりしたみたいです
でももう遅い、体には火がついています

隣から見えないように体を自分に寄せてくる妻ですが、残念
自分は後ろに回ります

そして、後ろから乳首をいつものようにコリコリ、ひねり、引っ張ります
勿論上半身は裸で隣から丸見え
興奮しました

流石に妻も恥ずかしく、体の向きをかえ隣に背中を向け、自分の乳首を責め始めました。
それはそれで気持ちよく、でも、自分の感じる顔を隣のカップルに見せても…
そして、向かいの席に初顔らしい若いカップルが座りました。

このままでは、自分が恥ずかしいだけ
ソファーに横になり69の体勢に、これで、常連カップルには妻は濡れあなる丸出しです
若いカップルにはフェラの横顔です。

ここで余裕ができて確認すると、若いカップルは女性は長身で、絶対にバレーボールやってたでしょというぐらいの体型です。まだガウンで胸は確認できず。

顔は益子直美系
常連カップルの女性はもう裸で胸を責められていますが、30台くらいの黒長乳首
顔は水野真紀風のPTAによくいるタイプです。2人とも普通体型でよかった

男の方は常連カップルはいかにもエロそうな、絶倫はげ。若者は茶髪でよく覚えていません。

ただ、2人ともでかかった……

隣の常連さんに濡れあなるを見せながら、フェラをしている妻ですが、その濡れ方の凄いこと、鼻息も荒く、すごいの一言です。まるでAV、これだけでも十分に満足でした。

妻のマンコを指でいつもの通りにほじります
指1本、2本。そして隠す胸も許さずガウンを剥ぎ取り、乳首びよーんが若いカップルに見せるように弄ると、ビクンビクンと
妻のマンコのポルチオ部を弄ると、これまた腹筋がビクンビクン
最高です

自分の頭側の常連カップルの声が聞こえてきます。
“すごい濡れ方ね、触っていいかしら”“ちゃんとフェラしろよ”
手を伸ばせば届く距離、そしてわざと大きな声
常連さん流石です
そして、興奮しました

もうそろそろ我慢が出来なくなってきました。
いつもは69なんてしませんし、フェラもこんなに、長く、激しいのは….

ただ、緊張でいつもより息子はギンギンでも長持ちしました
さあ挿入、騎乗位で感じているあへ顔を、皆さんに見て貰おう

いつもの騎乗位で乳首を捻って、つまんで、びよーんを
と、思ったのですが妻は離れません

69の上で必死にフェラをしています
マンコ汁を自分の顔にかけながら、テカッタあなるを隣の常連さんに覗かれながら察しているみたいです。
このままでは マズイ

その時、小さい声が耳元から“触っていいですか?”
常連カップルのエロはげさんです、妻には聞こえないようにでしょうか

この時は、益子似の長身さんの喘ぎ声と、常連奥さんのフェラ喘ぎ声
妻の鼻息とズボズポ音で結構な盛り上がりでした。

益子似さんはソファーに座って、男がクンニ中です、乳首は結構大きめ
褐色の肌があらわに、やはり、スポーツ系の腹筋、肩幅です、Cカップでしょうか
少しビックリしましたが

決心しました
指を口にあてるジェスチャーで、妻には秘密で、妻のマンコを指さしました

初めてのプレーです
妻の尻を両手でもって、マンコをひらいて
エロはげさんの指が…………….ずぼっと

指使いは巧みでした、決して乱暴ではなく、リズミカルに、Gスポット中心のようです

目の前で
妻のマンコに
他人の指が
2本

妻は気付いていないのか?
両手を妻の乳首に、捻りました

そこで気付いたみたいです、手は3本ない事に、1本は他人の物という事に
腰のくねくねが、まるで、ダンスのように、そしてマンコがひくひくと
フェラもズボズボは無理で、ぺろぺろ、息絶え絶えの喘ぎです

ここで、常連奥さん(多分)がフェラをとめて、顔を近づけて見入ってきました
そして、若いカップルは挿入のタイミングの様ですが
向かいの席から隣、妻の頭の側に移動してきました。

残念な事に、自分からは良く見えない位置です、体位はバックです
益子似と妻の顔がすぐそばになりました。

常連奥さんも、えろハゲさんと合体したようです
対面座位?
喘ぎ声がすごいです、個人的には益子似さんの大人し目の喘ぎがよかったです

自分も入れたい
でも、妻はそれだけは嫌なようで、上になって、抱きついて離れません

それなら
片手で妻の頭を押さえて、腰を上下に
これまでにしたことがない、妻の口をマンコと思って動かします

そして
もう一方の手の指をマンコに
エロはげさんの指2本と一緒に、全部で3本の指が妻のマンコを襲います

瞬間妻がこれまでに聞いたことが無い悲鳴に近い声を
あーーーーーーーーーつ
んっ
あーーーーーーー
あーーーーーーーーつ

いった時の声なのですが、続けて雄たけびの様に声を出すのは
子供ができる前でもなかった、初めてでした

いつもの様子とは違う、メスでした
そして、自分も興奮して、頭が真っ白に
自分もいきました、妻の口に、信じられない量がでました

全部出し切り、いつもは飲まない妻ですが、飲ませたいと思いました
“飲んで”

自分は指を抜きましたが、エロはげさんは入れたまま、あなるもさすっています
妻は飲みました

いつもは苦いと言うのに、他人にマンコとあなるを弄られながら
そしてぐったりと
同じくして隣の奥さんが
最後に益子似さんが、バックのまま。顔が見たくてみると、顔は真っ赤でした。

ここまでで満足ですが、入れていないのはやはり、まだまだ
自分たちからシャワーに移動です

妻はふらふら、トイレに行ってから一緒に軽くシャワー、口をしっかりゆすいでいました
ここまで無言

“静かな部屋に行こうか”“うん”
洗面台のアメニティーを一つ取って、所謂フリールームへ

これは 予定通り です

ちなみに 益子って益子直美の事ですが、もう知らない人が多いんでしょうね。

“さっき触られたね”“すごかったね“
妻はいい歳をして顔が真っ赤で、”ん……”
部屋には誰もいませんでした。

すぐに始めても良かったのですが、“恥ずかしいよね“と言ってさっきのアメニティーを取り出します。

実は自分が持って来た黒のガーゼのヘアバンドです。
これを目隠しにします。

”何も見えない”
実はこれはセフレを撮影する時のアイテムです。今回は撮影はしませんでしたが、スワップに持ち込むには必要でした。

部屋の奥で始めました。
いつものHと同じなのですが、目隠しと先程一回逝った為か、誰かが来るのを予想してか、いきなり乳首はフル勃起、喘ぎ声が大きい

“どうしたの”
“すごいよ、もう、濡れ濡れ”
“舐めるね”

凄い さっきの汁が残っていたのか、また出したのか、ここまでは初めてです
膝立ちで手マンから始めたのですが、滴ってる……

ガウンも脱がして真っ裸です
乳首を弄ると腰をくねらし、クリを捻ると腹筋がガクガク

そこで
待ってました
益子直美似の長身スレンダー学生風カップルが入室

こっちを見ながら、横に来てくれました。
“恥ずかしい” 妻と益子直美が同時に言うのです

堪らないです、ドキドキ興奮です。
この感覚が欲しかった…
気持ちは決まりました。

妻は混乱していたんだと思います。
突然“いれて、いれて”と呟き始めます。

いきなり知らない人間にやられると思ったのでしょうか?
でも、まだです。

ここで水野真紀も入室、エロハゲさんのイチモツを握ったままです。
やっぱり隣で始めます。

逆隣では益子直美も、3人が同じ姿勢で責められています

膝立ちで手マン
ちょっと考えて
妻の目隠しをずらしました
“少し見てあげよう”
“えっ” 妻は、汁を垂らし喘ぎながら両隣を確認し、目を閉じます
”大きい…“ そうですエロはげさんと茶髪のチンポの感想です
少し意地悪をしたくなりました。

目隠しはしてあげました。
後ろに回りました。

妻をしゃがませて、両膝に手をいれて、広げました。
”見て貰おう“
妻は驚きイヤイヤと小さな声で呟きます

でも股は閉じ様としない
これで大丈夫だと思いました

まずは若いカップルにマンコを向けて
”すいません、見て下さい“
茶髪男は”え、はい“とあっさり、手マンしながら顔を向けてくれます。

”見られてるよ“
”あーっつ、もう…“ 妻は首を振っています。
”触ってもいいですよ“
”えっ、あーっつ“もう言葉になりません。

カップルは恥ずかしそうに見つめ合い、そして、手をのばして何と2人で妻の股間に近づきます。
意外でした、そして、触り始めました。

若いカップルは大学生でしょうか?益子直美しか自分は見ていませんでしたが…
茶髪男はクリを、益子直美は優しく太腿を
妻は声も出ませんでした。足に力が入っているのがわかります。

そして、後ろの水野真紀とハゲも横に移動して来ました。
少し姿勢を変えて、両方に御開帳です、目隠しをしていて良かった。そうでなければ妻には無理です。

家のお風呂でもタオルで上下隠して出てくる位ですから。
エロハゲさんが微笑んできます、ジェスチャーで どうぞ と、

見ず知らずの男2人に触られていると知ったら流石にマズイです。
ただこのままだと 手の数でばれます。

そこで、目配せで妻の足を持って左右に広げるのを茶髪君とハゲさんに交代です。
ジェスチャーで直ぐに分かってくれました。ひょっとして茶髪は経験者だったのでしょうか
それでも妻の両手は後ろの自分の足を抱えています、手持ち豚さんです。

と思ったら、
水野真紀さんが来てくれました、妻より歳上と思いますが、太目ではないのがいいです。

自分の後ろに回って、耳から首筋を舐めつつ、乳首を弄ってくれます、そして、息子に手が

ここまでで大満足でしたが、更に、茶髪が益子直美に何か囁き
自分と妻の間に益子直美仁王立ちです、顔は真っ赤で両手で隠しています。
実はこの子を狙っていました、嬉しく、我慢汁が全開です

この頃には妻も声を出し始めています。
でも、股間は見えない、どうなっているのか不安です。どうも両乳首も責められているようですが、見えない、逆に興奮です。

見えるのは益子直美のマンコです。
いつものように、妻にしているのと同じように弄ります。

クリは大きめ、そしてやはり濡れ濡れです、指もキュキュット締め上げる万力です、いれたい そう思いました。

感じてきて益子直美の手は自分の頭に、自分も手まんで責めます。
グシュグシュ、ンっ、あーっ 自分の頭で聞こえる音に妻は何を感じたのでしょうか?
手を自分の息子にまわそうとします、妻と水野真紀の手が合わさります

申し訳ない、妻のもう一歩の手を茶髪君のイチモツに誘導
少しビクッとしましたが、抵抗なく、いつものようにチン先をいじっているようです

妻のチンポ弄りは変わっていて、人差し指と中指でカリを弄り、親指で尿道口を刺激します。

”いい、そのまま、うまいですね”茶髪男も囁いてくれます。

すいません、素人で理科系なので……………………整理します。
前から、目隠し妻、自分、水野真紀が前後に座って並んでいます。

妻の両端にエロはげさんと茶髪男がいます
妻は茶髪男の足で背中を支えられ、足を絡められて足を閉じないように広げられて御開帳状態

茶髪男は両手で妻の乳首とマンコを弄っています。
逆側はエロはげさんが妻の足を同じく閉じないようにしながら、マンコと乳首を弄り、首の角度からすると舐めもしているようです。

妻の後ろの自分からは妻の乳首とマンコは見えません。
茶髪男さんが姿勢的に舐めれず、かわいそうなので、妻の手を茶髪さんのちんぽへ持っていってあげました。

そして、益子直美は座っている妻と自分の間に立っていて、マンコを自分に弄られています。
水野真紀は自分の後ろから自分の乳首とちんぽを弄りつつ、背中を舐めてくれています。
自分も片手を後ろに回してマンコ弄り中

妻は自分と茶髪君に責められていると思っています。が、実際はエロはげさんに一番触られ舐められています。

そして、だんだん3人の声が大きくなり

次の段階が必要になってきたのですが
困りました
このままでは妻は他人男2人と3Pに、さすがに、これに気付くとストップがかかりそうです。

益子直美は体育会系だからいいんです。スクワット練習です
困りました。

当初は観られて、触られてまでは期待していたのですが……
あと、複数の経験がなかったので、クンニも誰かの後とか嫌だったんです。

ゴムでの挿入は当然として、まさかマンコからマンコにゴムを変えずに入れたりするのか?
自分が少しパニックでした。

妻の左乳首はもうエロはげさんに舐められました、このままでは…
と、思った矢先に、水野真紀さんが動きました。茶髪君の横に移動、いきなし乳首を舐めています。

そして、直ぐにフェラになり妻から離れます。取りあえず良かったです。
と、思ったのも束の間、これ幸いにとエロはげさんが妻の正面にあっという間に移動しています。

”あーっつ、あーーっつ”
やられました、妻が他人に、しかも、はげ親父にクンニされてしまいました。
これだけ弄られ、焦らされていればこれぐらいは感じて当然ですが、それにしても、大きな声です。

ここで現実に戻りました、ゴムさせないと、フェラもさせられる前に、早く
可哀想な体勢の益子直美を妻と並んで座らせます。そして、悶え中の妻の耳もとで聞こえるように
”ゴムつけるね” と
ここで男3人ゴムタイムです、急いで着けました。

エロはげさんより早く。
妻を四つん這いにさせて、益子直美を寝かせて、お互いの胸が口に来るようにして目隠しを外しました。

エロはげさんがようやくゴムを着けました。

”舐めてあげて、後ろから入れるよ”
そして、また目隠しをしました。

頷いて妻が益子直美の乳首をペロペロ、益子直美は妻の乳首をコリコリしています。
そして、妻の尻に回り、久しぶりの妻のマンコチェックです。

傷はないか?大丈夫でした。濡れ方は?
泡立ってます、そして、白濁……
クンニはエロはげさんにされています、間接キッスは嫌です。

もう入れます。いつものように亀頭で、クリとアナルを往復させ、擦って擦って
本日初挿入です。

ひょっとしたら妻と始めてセックスした時、○○峠駐車場以来の衝撃でした。
”アッ” 声を出してしまいました、2人同時に。

それからは妻だけでしたが、声は表現できないです。
”んーんー、うー、ハアーッ”
ほんの1ー2分だっと思います、満足です。

そして、ヤられている妻を見たくなりました。
茶髪君と水野真紀は69中、エロはげさんは益子直美をクンニ中
目が会いました。

カリは自分ほどでは無いですが!ちょっぴり長い、
硬さも自分ほどでは無いですが!その分太い
エロはげさんと

もう何も言わなくてもわかってくれている様です。
指を口に当てるジェスチャーと、チェンジのジェスチャーでさっと入れ替わります。

自分は益子直美の股間に、エロはげさが妻の四つん這いの尻に回り
益子直美の膝を押し広げマンコ全開にします。

長身やせ型筋肉質、そして、毛の処理はバッチリ、クリの上に生えているだけです。
クリはフル勃起と思われ、大陰唇は長めですが左右にパックリ割れ、その中身は色の濃ゆいピンクです

エロはげさんがバックの体勢を微調整している間に、亀頭で刺激して待ちます。
そして
同時に貫通します。

”オーッ、ウーッ、イヤー””あーっ、すごい”
妻と益子直美の声です

腰を動かし、Gスポットを責め、乳首を捻り、指でクリとアナルを刺激
頑張りました。

そして、妻は、子供の寝た後のソファーHではNGの体位で突かれています。
NGの理由はバックは感じすぎて声をだしてしまい、失神してしまうからです。

それでも必死に耐えています。
妻は目隠しで状況がわからず、自分に突かれていると思っています。

そして、皆に見られていると。
ここで別なカップルが入室して来ました。

第一声は、大きな声で”すっげー”そして、”ちょっと見とこうぜ””何で目隠し?”
思わず妻が”んっ、いやっ”と反応します。

自分も身体を前に倒して妻の耳元で囁きます
”凄いよ、綺麗だよ、大きな声出してもいいよ、イッテモイイヨ”
ここから妻は壊れました。
”イヤーッ、イイ、イイ、アーーーーッツ”
”ソコッ、ソコッ、ダメーーー”

4人とも息があがってきます。
さすがの体育会系益子直美も、全開膝屈曲位からの下から上、上から下とGスポット部位とポルナチオ部位を突かれ息がつまってきました。

そして、”アッ、アッ、イクッ、イクッ、アーーーーッ”
頑張っているのはエロはげさんもです、何度もいきそうなって動きを調整しています、少し見直しました。

妻が失神する前に…
エロはげさんに目配せを、そして、上の妻と下の益子直美の間で
”一緒にいくよ”
2人とも”んーんー、いいよ””んーんー、んーんー、はやく、はやく、もっともっと”
最後のラストスパートです。

ビクッ、ビクッ
2人とも腹筋が痙攣しいったようです

続いてエロはげさんも腰が止まり、大きくズン、ズン
自分も
ドクッドクッと
そして、いったあとも突きます。

よくゴムが破けるのですが、かまわないと思って、最後の一滴まで、萎えるまで動かしました。

エロはげさんはダウンです、妻の尻を離れソファーで横になっています。
自分も抜きました。真っ白です。まあいいか

妻の尻もとに移動して確認。パックリ開いています、白濁液ですがこれは見た事があります。
優しくお尻を撫で撫で、これでバレ無い、安心しました。

妻が起き上がり、自分に抱きかかってきました。
優しくキスをして、横になりました。
目隠しを外し、シャワーに
と思った時、異変が起きました。

妻とシャワーにと思った時
誰かが足元にやてきました
“ちょっといい?”
水野真紀さんです

“彼だめだったの”
茶髪君がすごすごと部屋を出ていきます、益子直美は置き去り?

どうやら、茶髪君は緊張でかたちも不十分で、水野さんに挿入後さっさといってしまったそうです。

“お願い、彼女”
妻にお願いしてきました。

妻は、困ったーという顔をして自分を見つめ
“いいよね、可哀想だし”
自分は えーーーーーーーーーーっ でした

喜んだのは水野さんです。
萎えてゴム付のちんぽを、まだシャワーも浴びてないのに
ゴムを脱がし
いきなり、パックンしてきました

“すごい”妻の声です、目を見開いています
お掃除フェラなんて妻には考えられませんから

今思えば、そこで一気に勃って射してしまえば良かったんですね……後から考えると……
水野さんに、玉から竿まで舐められていると少しずつ、少しずつ、元気になって来ます。妻に見られながらは恥ずかしいものです。

妻は、じいーっと見ています。
油断をしていました。エロはげさんが復活です。

”舐めてくれないかな”妻の横に来て萎えたチンポをブラブラさせてきます。
”エッ、イヤッ”普通な妻の対応です、少し安心しました。が、エロはげさんは痛いところをついてきます。

自分の妻は貴方の旦那をしゃぶってるのに……
妻は困惑、そして、水野さんが”お願い、私の代わりにしてあげて” この人たち相当の数をこなしてると思いました。

妻の精一杯は”シャワーを浴びてきて下さい” 妻はお掃除ふぇらをした事はありません。
そして、あっと言う間にエロはげさんがシャワーに消えました。

今は目隠しをしていません、本当に妻は他人のチン棒を咥えるのか?考えると息子が反応します。

エロはげさん、すぐに戻ってきます。絶対まだ水だったはず、一応きれいにして来たようです。

そしてあろうことか、妻の横ではなく、仰向けに水野さんにフェラされている自分の上に、妻の反対側からチン棒を突き出します。

自分の顔の上に、エロはげチン棒が……
妻も仕方なく、手でしごき始めます。左手でチン棒を、右手はエロはげさんが玉に無理やり持っていきます。

これからどうなるのか?本当に咥えるのか?咥えたらどうなるのか?
一つ心配な事がありました。妻はフェラの時に涎を出しません。自分の知っている女性は最初は必ず涎を垂らしながらフェラをします。

仲が良くなると変わってきますが、妻は、昔から一滴も垂らすことは有りませんでした。
布団やソファーを汚したくなかっただけなのか?それとも…
その時は来ました。

予想以上に早く大きくなったチン棒を自分に晒し、頭の上、目の前で、妻の頭を持って、口に近づけます。

亀頭をペロッ、ペロッ、竿をチロチロ、そして、パクッ
まるで妻のマンコを貫かれた時と同じ感覚がしました。

一度咥えこむと、エロはげさんは妻の頭を押さえて離す事を許しませんでした。
そして、
妻は涎は垂らしませんでした………

妻は、エロはげさんのガマン汁を、先走り汁を、全部飲んでいます。
ショックでした。

そして、興奮してきました。目隠し状態ではなく間違いなく妻の意志で咥えています。 ジュポジュポと
残念ながら息子は元気です。

水野さんはあっという間に、ゴムをつけ、騎乗位で入れてしまいました。
締まりはなかなか、このキュッ、キュッ、キュッツウという感じは 流石です。

”ねえ、見て、見て、大きいの、貴方”
妻も気付きました。

チラッと見たのですが、フェラを続けます。エロはげ汁を飲みながら。
激しくリズミカル、エロ水野さんの腰使いは凄いです。ただ、時々休みます。

何故か?すぐにわかりました。
”私も舐めたい、貴方いい?”
ん、何の事と思ったら、”俺でいいですか?” 最後に入ってきた若者です。

ずっと側に居たのでしょうか?
既に全裸、彼女と近くでやっていたのでしょうか?

こいつは、デカチンでした。残念ながら、自分の長さも太さも1.5倍はあります。
時に温泉で見かける巨根です。亀頭がヘソまで、妻の細い手首位のカリ。

水野さんが放っておく訳無いですね。
腰を降りながら、騎乗位のまま、咥え始めた様です。

音しか聞こえませんが、これまた激しく、雌2匹の鼻息だけが聞こえます
早くいかせて終わりたい妻はそう考えていたんだと思います。
が、無理でした。
”俺も舐めるぞ”
妻のフェラタイムは終わりました。

自分の横に頭を並べて寝かされました、やっと、フェラから解放され、ほっとする暇もなく。

妻はマングリ返しの体勢でジュルジュルジュルジュル 今度はエロはげさんに自分の汁を舐め取られ始めました。
こんなに濡れていたとは気づきませんでした。

”ヤラシイッスネ” 感じすぎるのか、足をばたつかせる妻のあしを巨根が手で抑えるのに協力しています。

”この人さっきから濡れすぎっす” 巨根です

巨根の言葉はキツイです、自分にも妻にも。
”この人スケベっすね、イキマクリっすよ、大人しそうな顔して”
妻は壊れました、この言葉で
目隠しの無い状態では声は出していなかったのですが、ここから、もう無理でした。

アーーッツ、アーーッツ、ウーーツ、はァーーーーッツ
そして、マングリ返しのままで、妻は上から下に突かれました。

ンッーーーーーーーーン
ズンズンズンズン、妻を貫く音がします。パンパンパンパン、水野さんが自分を冒します。
頭が真っ白になりました。数分続きました、長かった。

思いました、自分がいってしまえば終わるんじゃないかと
そして、水野さんを下から突きます。

でも、先を越されました。
”もう、だめ、いく、いく”
大きく数回突いてエロはげさんが果てました。

妻の腰を下ろし、さっきと同じでトドの様に横になります。
妻は解放されました、よかった、安心しました。

ここで、水野さんも、満たされた様です、”私も、突いて、もっと、もっと”
巨根へのフェラを辞めて自分にしがみつきます、よしこれで終わる、と思ったその時
信じられない事がまたおきました。

そうです、巨根が動きました。妻の股の間に。手にはゴムがでもまだつけていません。

まるで魔法の様でした、ゴムの装着は一瞬、そして、”ウワッ、ウーーーーッツ”
妻の驚きの声と、同時にズポッ、ゴムがマン壁と擦れる音です。
やられました、妻が巨根の若者に。

そしてこともあろうに、妻の腰を持ち上げ自分に見えるようにマングリ返しに近い体位にします。
入っているのはカリまでです、それなのに、ズポッ、ズポッ と音を出します。

”シマリイイッスヨ”
”イヤッ、イヤッ、ウグッ、ウグッ、アーーーーーーッツ”
”キモチイイスッカ”

更に、ジュクジュク音がしたと思ったら、ズーンと全部はめられました。
悲しい事に自分は下から水野さんを突いています。まるで寝技をかけられているように。

そして、巨根は妻の両足を広げ屈曲位で深く突いています。
ズポン、ズポン、ズポン 聞いたことがない音です。

妻の声も アーーーアーーーアーー 、ハーーハーーハーーー、ンッンッヌッ 今まで聞いた事がない音でした。

そして、妻の両足を巨根が肩にのせ、巨根も脚を伸ばし、パンパンパンと一度抜いて深く貫くをくり返し始めた時に、その音は聞こえました。

パン、ブブッ、パン、ブブッ、パン、ブブッ
自分はすぐ分かりました。一度だけ聞いたことがあります。

マン繰り返しでジュルジュルされ、巨根に ”この人スケベっすね、イキマクリっすよ、大人しそうな顔して”と言われた時に、妻が、我慢できなくなり、喘ぎ声を出し始め。その時、マングリ返しのままで、妻は挿入されています。

一気にいきます。妻にバイブと言っても電動マッサージ器を妻に使った時です。
巨根が ”マンヘッスカコレ、スゴイっすね、俺ハジメテッス”
”イヤッ、キカナイデ” 妻も声になっていません。
でも、お腹に力を入れると、更に、
ブッ、ブッ、ブッと、時に巨根が全部抜かれると、ブッーーーーーーーッ
そして、妻がとうとう 言ってしまいました。

” もうダメ、イカセテッツ、イイノッ”
これで調子に乗った巨根は嬉しいのか、言葉責めを続けます、もちろんマン屁が出るように、そして、奥まで、入り口と
”ハアーーーッツ、アーーーアーーーッ”
”どこがイイすか、どこが奥さん”
”ドコスデスカ”執拗に続けます。言わないと終わらない、妻はそう考えたんだと思いました。

” アソコッ、アソコ、アンッ”
”言わないとヤメルッスヨ”自分も聞いてて言わなければ 辞めると言ってる、言うなと思いました思いました、でも、
” マンッ、マンッ、マンコッ、ウンッ”喘ぎ声の中で、はっきりと聞こえました。

”まんこをドウシテホシイッスカ”
”ツイテッ、ツイテッ、ンーーーーーツ” ”ナニデッスカ”
”オチンチンッ、オチンチンデ” ”オレノチンチンデカイッスカ”
”イイ、イイッ、オオキイ、スッゴクオッキイ、アーーーーーーッツ”

妻が手を腰に回します、巨根の、そしてぐっと引き寄せているようです、もっと、奥を突かれる為に……

巨根も満足したのでしょう、妻にキスをします。思いっきりデイープ。妻も貪るように舌を絡めます。
自分は見ました、巨根が妻の口に唾を垂らすのを、そして、にヤーっと。

” 奥さんすけべっすね、俺の唾のんだッスヨ”
”アーーーーーーッツ、イヤッ、お願い、もっと、オク、ツイテッ、ツイテッ、オオキい、オオキイ、イッパイ
ハアーッツ、ハッツ、ハッツ”
”俺もイキソオッス、もっと、スケベナコトバヲイッテクダサイ”

妻が一番感じる体位、屈伸位のまま、パンパンパン、パパン

”オチンチン、オチンチンホシイッ、おっきなオチンチン、ハルミノマンコニクダサイ”
”アーーーッツ、アーーーッツ、スゴイッ、モットモット、マダマダッ”
”オレノセイシガホシイッスカ、ハルミサン”
”ホシイッ、ホシイッ、タクサンホシイッかっこ
自分の名前まで出して、これは演技ではなく、本当の声だと確信しました。

”マダッスカ、スキモノ奥さんのハルミさん”
”アーンッ、アーンッツ”ここで妻も絶頂の中の絶頂がきたようです。

”イキソウッスカ、オレモイクッス”
妻のこれまでに聞いたことがない声、高速のファック、バンバンバンバンバンバンバンバン
”オーーーーッツ、ウアーーーーッツ、ヲーーーー、ハアアアアアアアアアッツ”
雌でした、これまでにない。
2人して
イクッツ、いくっす、あーっつ、イッテ…イッテ
そして、また、”オーーーーッツウオーーッツ、ウーーーーー”
妻がいきました、足の指先まで伸ばし、体をそらし、ビクッ、ビクッと
その瞬間です

その瞬間です
妻の最後の絶頂を確認して、そして、巨根は巨根を引き抜きました、ひき抜きながらゴムも同時に外して……

絶叫後の妻の空いてる口に、放心状態の妻の口に、巨根をねじ込みました、実際は口に蓋をする形で、それからぐさっと

そして、何とそれから、巨根は自分で巨根をしごき、”イクッ、ダスッス、ノンデクダサイ、ダシタラユルサナイッス”
ビクッと1回目、少し開けてビクっつと 2回目
妻の頭に手を当て動けないよにして………………

妻は精飲はしたことないはずです。自分とのHで口に出した時も、すぐに洗面所に走ります。“苦くて苦手の”妻の言葉が脳裏をよぎります。

が、グフッ、ブフッ 音がして喉が動きました、聞こえました、見えました、真横で妻が精子を飲みました。それも見ず知らずの男の………………….

更に、ビクっ、びくっつ。”ムグッ、オグッツ”歯医者で口を広げて治療中に唾を飲み込む時のあの音です。

更に容赦無く、奥までつっこみます。ビクっ
何回出したのか、でも、妻は口の外には出しませんでした。

数分突っ込まれ、全部の精子を出し切ったんでしょう、巨根のビクビクも止まり、全部飲み込んだのか妻の喉の動きも止まり、妻の鼻息だけがします

”チャントナメテ、キレイニシテクダサイヨ、スケベハルミサン”
巨根をゆっくりゆっくりゆっくり引き抜きながらのお掃除を要求され……

可愛そうな妻と思いました………………
がよく見ると、妻の両手はまだ、巨根男の腰にあります。これは….

妻の舌が、大きな物を口いっぱいに頬張りながら、動いているのが分かります。間違いなく舌をローリングしています。

巨根男がゆっくり、ゆっくり、長い時間をかけてひき抜きます。それとも、妻が腰に手を当てて離さなかったのでしょうか?
数分でピカピカの巨棒が出てきました。

そして、妻は、いとおしそうに、金袋に右手を。竿を左手でさすって、鬼頭先をちょろちょろと啜って終わりました
巨根はさらに大きくなっていました。

この間に自分もいっています。でも、腰だけは水野さんをつき続けました。他にどうしようもなかったんです。

水野さんも絶頂の後でぐったりしていましたが
すぐに、妻の唾液まみれの巨根に食らいつきました。

その後ですが、御心配なく、普段通りの生活です。
後にも先にもスワッピングというより乱交?はあれが最初で最後です。
ちなみに、この話は昨年初春の頃の事です。

妻はあの時の事を疲れたとしか言いません。
Hの時に少し大胆になったと思うのですが、なにぶん子供の隣では….
一気に思い出しながら書きました。そして、反省しました。

何故に最初のカップル席でフェラで出してしまったのか、あれがなければフリールームにもいかず帰っていました。

フリールームで何故、益子直美にこだわったのか、妻に挿入していれば..
フリールームで最初にいった時何故すぐにシャワーにいかなかったのか..
そもそも、何故、初心者でフリールームに….

水野さんとエロはげさん、巨根はあきらかに常連の百戦錬磨です、油断しました
益子直美と茶髪カップルは同じ初心者で撃沈されましたし

最後、部屋を妻と出て行くとき、水野さんにしゃぶらせる巨根の手に、巨根以上のバイブがあるのを見て、ぞくぞくと鳥肌が立ちました。このままいたら
後もう少し早く、巨根が参戦してきていたら….

普段はちょっとHな話でも顔が真っ赤になる、貞淑真面目な妻の痴態を見てもらいたくて
そして、妻の更なる痴態を見たくて行きました。

スワップは無理だと思っていました。
それで、目隠しをして本人には気付かれずに他人に弄ってもらい、出来れば挿入までと思っていました。

今のところ、行きたいと思いません。ボックスシートから移動しなければと思うのですが……

投稿サイトですが、いまだ会員ですが、投稿動画は現在削除中です。
動画をアップしても見て貰えるのは1週間ぐらいで、後は順番が後になってコメントも貰えなくなります。

動画をアップして興奮するのは、コメントです。
今は他の方の動画で楽しんでいます。

また、動画を編集する元気が出てきたら、投稿出来たらご報告します。

ちなみに、妻は喘ぎ声は周りに聞こえるくらいでしたが、隠語はささやく声の大きさに絞っていました。
自分に聞かれたくなかったんだと思います。

ただ、それが巨根と妻の2人の秘密の会話に聞こえて………
妻も聞かれていたのか疑心暗鬼なのではないでしょうか。

他に読まれているエッチ体験談

PR

コメント

  1. 自分 より:

    これは自分と妻の体験談です

  2. 匿名 より:

    長すぎる、
    登場人物が多い、
    情景描写が下手すぎる、
    せっかくのいい内容が
    全て台無し!残念!

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1915記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。