同級生と味わう美人スナック嬢

PR

ヴォワチュール本田さんから投稿頂いた「同級生と味わう美人スナック嬢」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

日曜日の午後、洋酒の輸入業者に勤務する僕は、都内で行われたワイン試飲会の帰り、地元駅近くの立ち飲み屋の前でばったり同級生の雅也に遭遇しました。

「ようマサ! 久しぶり!」

タバコを咥え、塗料がべっとり付いた作業着姿のマサは「仕事が早く終ったから、ちょっと飲んでいたんだよ」と言う。

マサは小学校、中学校が同じで、実家は近所。昔からとことんワルで、中学に入ると暴走族とつるみ、高校受験をせずに家業である塗装業を手伝いました。喧嘩っ早い性格のせいか、傷害事件で少年院や刑務所に入ったこともあります。
厳しい教育指導の先生ですら、関わるのを拒むほどでした。

「おっ、ビールいいね! オレも飲みたくなってきたな」

僕はそう言うとマサも付き合ってくれることになり、もう一度店に入ってビールを飲むと、同級生の潤を呼んでみることにしました。

潤もマサと同じく昔からのワルで、族仕様のバイクを乗り回していました。ふたりともやや太っているも長身で筋肉質。ワルさながら、この上なく人相が悪い。

潤は「ちょっとした金融だよ」と毎回同じことを言うも、若いころから高級ベンツに乗り、自分のことはあまり語らない怪しいヤツです。

マサは電話をかけて誘うと、潤は1時間後に到着。3人はマサの知り合いが営んでいる居酒屋に移動しました。

17時開店だが、無理を言って30分前に入れてもらいテーブル席で飲んでいると、同級生の裕司の話題になりました。

すると、マサと潤の表情が険しくなり、「実はオレたち、あいつに金貸しているんだよ」と言うのです。
これには驚きました。なんと僕も裕司に金を貸しているのです。

裕司は暴走族のようなワルには興味がなかったものの、高校を卒業するとサーフィンとマリファナにはまり、見かけるといつもフラフラしていました。

40歳になる今でも、裕司はサーフィンを楽しみながらハワイを行き交い、地元にハワイを思わせる飲食店を開きたいと相談されました。
僕は50万円を貸し、マサと潤は100万円を貸したと言います。

しかし、裕司は店を開くどころか毎晩のように飲み歩き、駅周辺で酔っ払っている姿をたびたび目にします。物件を探している様子もなく、最近はすっかり連絡すらなくなってしまいました。

「まったくどうしようもねーな、あいつ呼び出すか」

潤はスマホを取り出し電話をかけるとすぐにつながり、「わかった、これから行くからな」と不機嫌そうな声で言い電話を切りました。

裕司はアパートで一人暮らし。なんとムカつくことに、地元にあるスナックの美人嬢、結衣ちゃんと部屋で一緒に飲んでいるではないか!

23歳の結衣ちゃんは、フジテレビの加藤綾子アナウンサーにそっくり。小顔で肩までの髪にぱっちりとした目。細かい説明よりも、まさに加藤綾子そのものです。
中学の同窓会の2次会でスナックを貸し切りにしたときも、みんな口を揃えて「カトパンにそっくり」と言っていました。

裕司は昔からうらやましいほどモテました。イケメンさながら、女性を前にすると自分の夢を大きく語ったり、「でもオレって、なにをやってもダメなんだよな……」とヘコんでみたり、今も変わらず女性に対する巧みな話術は一流です。

20代前半のころは「これから飲みに行くけど来なよ」と裕司から頻繁に誘いがあり、連れてきた同世代の女性や、その場で知り合った女性など、数えきれないほどの女性とセックスしました。

また、当時はスマホではなく、携帯の出会い系サイトが始まったころで、僕と裕司は「合コンサイト」に登録し、頻繁にOLと合コンをしました。

知っている限りでは合コンサイトはひとつしかなく、閲覧から投稿まですべて無料。
面倒な登録もなく、ちょいと投稿するだけで女性からメッセージが届き、いとも簡単に合コンができたのです。

誰もが知る一流企業と言われる、一見固そうな印象のスーツ姿のOLとも合コンし、その場限りの割り切ったセックスを何度もしました。

男性3人、女性4人で銀行員と合コンをしたとき、女性は30代半ばの上司と20代前半の若手社員3人でした。

洋食店で飲むと、普段から飲み慣れていないのか、若手社員3人はベロベロ状態。
「カラオケしたーい!」と勢いで行ったカラオケルームでは、自然とペアができ、まるで恋人同士のようにイチャイチャし始めました。
見るに見かねた上司は「お願い、このコたちに手を出さないで」と真剣に言うのです。
すると裕司は、なにやらコソコソと上司と話していました。

カラオケが終わると適当なことを言って3人の若手社員を帰らし、縁のないメガネをかけ、グレーのスーツ姿のキャリアウーマン風上司と男3人はホテルに直行。

ワインレッドで高級感のある下着が悩ましいほどセクシーで、ムッチリしたお色気たっぷりのオトナの体に目がくらんでしまいます。

男3人は次々と交代しながら突きまくると、上司のマンコは潮吹きどころか、もはや垂れ流し状態。
お酒を飲んだのが関係しているのか「清掃員さんごめんなさい」と言いたくなるほどの凄まじい量です。

4Pセックスが終わると、上司は一息つけることなく無言のままさっさと身支度をして、飛び出すように部屋から姿を消しました。

それと、カラオケルームで思い出すのは、いいところのお嬢様女子大生と4対4でくだらないゲームをして男性陣が勝利し、「残り時間は全裸になりなさい」と、なんともバカげた命令。
4人とも衣服から下着まですべて脱がし、あまりの恥ずかしさに泣きそうになりながらも、おっぱいはもちろん、マンコ丸見えの全裸にさせたのも楽しかった。

このように、夢のようなセックス三昧の20代前半を過ごせたのは、もちろん裕司のおかげです。
ですので、金を貸しているが、あのころを思い出すとあまり強く催促できないのです。

3人はタクシーに乗り込み、途中のスーパーでウィスキーなどの酒を買い、裕司のアパートへ向かいました。

階段で2階へ上がり、玄関ドアをノックすると裕司が現れ、中に入ると結衣ちゃんは立ち上がり「こんにちは」と挨拶。それにしても、結衣ちゃんだと分かっているのに、ドキッとするほど加藤綾子そっくりです。

ひざ上丈のひらひらした花柄のフリルスカートにベージュのブラウス。
店では嬢らしく短めのタイトスカートや、胸もとの開いたワンピース姿なので、かわいらしい普段着を見るのは初めて。メイクも控えめで素顔に近く、店とは違った印象です。

5人は買ってきたウィスキーを水割りで飲み、結衣ちゃんもいることだし他愛もない話をするも、酒が進むにつれ我慢ならないのか、短気なマサはついに金の話を始めてしまいました。

すると裕司は「ほんとゴメン。でも、店やりたいのは本気なんだよ」と言うも、酒に酔ったマサと潤は「うるせえ! 黙って今すぐ返せ!」とケンカ口調になり、さらに結衣ちゃんも「3人からお金借りているなんて知らなかった」と、裕司に向かってあれこれ言い出しました。

反省しているかのように黙っていた裕司は突然キレて、「わかった! 金ならいつでも返してやるよ!」と大声で吐き捨て、玄関から勢いよく飛び出し、どこかへ行ってしまったのです。

裕司がいなくなり4人は、貸した金の話をしながらウィスキーや日本酒をたらふく飲むと、結衣ちゃんはトイレに行ったまま戻らず、隣部屋のベッドで横になってしまいました。

そのまま寝かせて3人は飲み続けると、今度はマサがトイレに行ったまま戻ってきません。すると結衣ちゃんが寝ている隣部屋から、なにやらガサガサと音が聞こえてきました。

隣部屋といっても飲んでいるリビングからは、木目の引き戸で仕切られているだけで、トイレの前からも入ることができます。
ガサガサする音は続くと「ダメです、やめてください」と、結衣ちゃんの小声が聞こえてきました。

「おっと!」

僕と潤は耳を傾けると、やがてガサガサする音はなくなり、ギー、ギー、ギーとベッドがきしむ悩ましい音を立て始めました。

「あいつ、やってるな」
「間違いない、やってるね。ちょっと覗いてみるか」

トイレ前のドアを開けると、全裸になったふたりは正常位の真っ最中。背中、胸、腕に派手なタトゥーの入ったマサは「結衣ちゃん最高! すげー気持ちいい!」と、見られているのを物ともせず、余裕の笑顔で腰を振っています。

一方、結衣ちゃんは「やだ、見ないで! 恥ずかしい!」と両手で顔を隠しながらイヤイヤと首を横に振るも、大胆に股を開き、コンドームを付けた男根を出し入れされている、あられもない女体は丸見え。
やや小振りながらもハリのある美形のおっぱいは、淡いピンク色をした乳首と一緒に、ピストンに合わせ小刻みに揺れています。

あまりジロジロ見るのもかわいそうなのでリビングに戻ると、あれほど恥ずかしがっていたのに「あぁっ……」と小さく甘い声を漏らしているのがわずかに聞こえてきます。

「それにしても、結衣ちゃんいい体してるよな。どうする? 次、潤する?」
「いやいや、お先にどうぞ。オレはあとでいいからよ。なんだかマサのあとって、イヤなんだよな。それによ、ペンキのにおいがチンコに付きそうだしな」
「ははは、それは言えてる!」
「おい! お前ら、くだらねえこと言ってんじゃねーよ!」
姿の見えないマサの怒鳴る声が聞こえます。

ベッドのきしむリズムが早まると、ぴたりと止まり、どうやらマサはイッたようです。

マサは何かに勝ち誇った表情で、精液の溜まったコンドームを男根に付けたまま全裸でリビングを横切り、冷蔵庫を開けて缶ビールを取り出し、ぐいっと喉に流し込みました。

僕は隣部屋に移動すると、仰向けの結衣ちゃんは裸体を隠すように掛け布団で体を覆っていました。掛け布団をめくり上げると、色白肌の身体は、スラっとした美脚にくびれた腰、ハリのある美乳、縦長の小判型に茂ったマン毛、申し分のないスタイルです。

シャツにチノパン、パンツを脱ぎ捨て、おっぱいを両手で優しく揉みながら、ぷっくりと突起した乳首を舐め回しました。

「結衣ちゃん、お願いがあるんだけど。ちょっとだけ舐めてほしいな」

仰向けの結衣ちゃんと入れ替わり、いきり勃った男根の先を口に含むと、上下の激しい動きはないが、ピンポイントで亀頭をねっとりと舐め回し、これがめまいがしそうなほどの気持ちいいフェラチオです。

「ねえ、これ付けて」

結衣ちゃんは枕もとに置いてあった箱からコンドームを1枚取り出し、「はい」と手渡しました。

「ゴムね、もちろんいいよ」

コンドームを手早く装着。両脚を左右に大きく広げ、中指の先で軽く割れ目に触れてみると、あますところなくヌメった液体で満ちています。

ビンビンに硬直した男根の先を軽く押し当てると、余計な力は必要とせずに、ヌルっと根本まで滑り込みました。

ほどよい締り具合がたまらなく心地いい。すかさずピストンを開始すると、そこには想像を絶する快感の世界が待っていました。

男根を引き抜き、四つん這いになるよう促すと、正常位に続いてはバックです。
突き出した23歳のお尻はシルクのような、なめらかな触り心地。薄茶色く細かいシワの集まったアナルはヒクヒクと動き、パックリ開いたマンコは、たら~んと透明の液体が悩ましく流れ落ちています。

バックも同様に、軽く先を押し当てるだけで、いとも簡単に根本まで滑り込みました。
正常位とは、ひと味もふた味も違った刺激がたまらない。両手でお尻をやさしいタッチで撫でながら、心ゆくまで結衣ちゃんのマンコを味わおうと、一心不乱に腰を振りました。

結衣ちゃんはバックの方が感じるのか、ギュッとシーツを握りしめ、ハァハァと淫靡な息が荒くなっています。

「ダメ、ダメ、いや、いやーん」

今までになかった色っぽい声を発すると、シーツをグシャッといっそう力強く握りしめています。

「結衣ちゃん、イキそうなの?」

うんうん、と小さくうなずくので、お尻を両手で強めに包み込み、パン、パン、パンと音がするほど力強くピストンすると、「あーぁぁっ!」と結衣ちゃんは声を上げて絶頂をむかえました。

せっかくなので、僕は結衣ちゃんのイキ顔が見たくなり、男根を入れたまま横から覗き込むと、ちょうどマンコの下のシーツに、拳ほどの大きさをしたシミが目に付きました。

(おっ! これはもしかして!)

ぐったりしているところ不意を打つように、もう一度強烈なピストンを打ち込んでみると、ピュッピュッと少量の液体がおしっこのように放出されました。
AVのように勢いよく大量に飛び散らないが、間違いなく結衣ちゃんの潮吹きです。

僕はテンションが上がり、さらなる快楽を求め、思いのままにバックでピストンを続けました。
しかし、いつまでも結衣ちゃんの極上マンコを味わっていたいが、そうはいきません。

やはり、いやでも限界は訪れます。こみ上げてくるマグマを止めることはできません。
全神経を男根の先に集中させると、ドクッドクッと何度も発射を繰り返し、マンコの中で最後の1滴まで絞り出しました。

あきれるほどのコンドームに溜まった大量の精液が、いかに結衣ちゃんマンコが気持ちよかったのかを表しています。

続いて、潤も僕と入れ替わるように結衣ちゃんとセックスを始めました。

僕はトイレのついでに、わずかに開いていたドアから静かに覗いてみると、結衣ちゃんは騎乗位になり、リズムよく腰を動かせながら、美形のおっぱいを揺らしています。
もう恥ずかしさはないのか、それともたまらなく気持ちいいのか、自分の世界に入ったかのように、口を半開きにして今までにない声を上げていました。

23時を過ぎても裕司は戻って来ないし、電話にも出ません。
いい加減待っているのも面倒になり、仕方なく4人は玄関ドアの鍵を開けたままタクシーで帰宅。

この日以来裕司には会っていません。しかし、帰宅するとベッドには潮吹きのシミ、勝手に使われたコンドーム、これらを見てどう思ったのだろう。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1358記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。