エッチ体験談が10000話を突破しました。

大学時代の夏休みに病院雑務のアルバイトをした時の話

還暦オヤジさんから投稿頂いた「大学時代の夏休みに病院雑務のアルバイトをした時の話」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

今から40年も前の話になりますが、大学時代に体験した事です。

大学一年の夏休み、自分の通ってる大学の付属病院で、職員が交代で夏休みを取るので、雑務のアルバイトを募集していました。

お盆に田舎に帰っても4-5ヶ月前まで一緒に居た高校の連中と遊ぶだけだし、家もそんなに裕福じゃ無かったので、電車賃も馬鹿に成らないので、小遣いの足しになればとアルバイトに応募して働き始めました。

病院での仕事の内容ですが、掃除はおばさん達がやってましたので、これといって決まったことはなくて、機材の移動やら、内科の先生から外科の先生に書類を届けるように言われたり、何もないようでも結構忙しく院内をあっちこっち歩き回ってました。今のようにPCがある訳じゃないし、FAXだって一般的じゃあない時代でしたから・・・

ある日、レントゲンのK先生から婦人科のA先生に届けるよう言われ、大きい封筒を持って婦人科のナースステーションに行き看護婦さんに、「A先生は?」と尋ねると「いま診察中だけどもうすぐ出てくるでしょうから一寸待ってて」と言われ待ってると、五分位して小太り気味のA先生が来たので「レントゲンのK先生からこれ渡すように言われ持ってきました」と言って封筒を渡すとA先生が「機材庫から超音波の機械を、2番内診室に持って行き電源を入れておくように」と言われた

看護婦さんと機材庫に行き、この機械よと教えてもらい台車ごと押して出てくると、こっちから行くようにとドアを開けてくれた。そこは医療関係者が行き来する、医療器具やらがいっぱい置いてある廊下だった。

大きい病院は、廊下と廊下の間に診察室があるんだ”と感心しながら押していくと、内診2のプレート引き戸を開けると電源コードを解いてコンセットに挿そうとするが、絡まっててなかなか解けない。

プラグが二個あったので一個ずつ丁寧に解いてると、反対側の戸が開き水商売風の男好き、するような顔立ちの三十代前半と思われる綺麗な女性が入ってきて
「入って準備してるように言われ来たけど、若いお兄さんがいるんだ・・・」
「今すぐ終わりますので」と言うと
「気にしなくていいわよ」と言いながら
スカートを手を掛け脱ぎ始めたので彼女に背を向けて解いていると
「こんな所に若いお兄さん珍しいわね、ここの大学の学生さん?」と尋ねて来たので
「はい」と言って振り向くと下半身裸で私を見ながら微笑んでいた。

高校時代の彼女以外見たこと無かった私には成熟した女性のは、初めてだったので股間に生えた黒々とした陰毛はとても刺激的だった。

今のように週刊誌をめくるとヘアーヌードが当たり前の時代じゃないから
急にドキドキしていると「何年生?」と聞きながら踏み台に上がり
台に腰をかけたので「一年です」と言いながらまた背を向け
コンセットに挿そうとしてると上の方から
「おべんちょ見た事ある?」何の意味かわからないので
「無いです」と言いながら立ち上がると、
台に仰向けに寝て膝を曲げ大股開いてふくらはぎを台より30センチくらい高い台に上げていた、なんていう格好なんだ・・・

「おべんちょ良く見えるでしょ?」
おべんちょ、まんこの意味か・・・あまりジロジロ見ないで
「はい」
「初めて見た感想は?」黙ってると
「気色悪いでしょ。自分の見ても思うもの」怪訝な顔してると
「こんな格好して見せるの最初はとても恥ずかしかったけど、何回も見せてると慣れちゃった」
「近くで見ていいよ」言うがその時は出来なかった。

コンセットにも挿したし機械に電源を入れると、看護婦さんが来て
「準備しててくれたんですね」と言いながら女性の腰に手を当て
「お尻をもう一寸前に出してください」言って腰を引いてふくらはぎをベルトで固定しお腹の上の
カーテンを引いて
「このまま待っててくださいね、先生がすぐ来ますから」と言って出て行った。

お腹から上がカーテンで仕切られ、顔が見えなくなったので股間に目をやると、濃い目の結構なボリュームの毛が上は中心から左右別れハート型のようになってて、下は割れ目の周りから肛門の近くまで生えてて太腿の方にも生えてた。

「先生が来る前によく見ていってね」とカーテンの向こうから声を掛けられたが何も言わず出るとA先生と看護婦さんがすぐそこまで来ていて、「電源も入れておきました」と言うと先生が手招きで入るようにするので一緒にまた入った。

A先生が「うちの医学生なんですが、勉強のために診察に立ち会わせてもいいでしょうか?」と彼女に聞いた
その時先生なんてこと言うんだ、俺は医学部じゃない他の学部なのに・・・

「はい」と彼女の返事
先生は彼女と向き合う形で、看護婦は先生の右側の医療器具の入ったトレイの側に立ち俺は邪魔にならないように左側で診察の様子見ていた
先生がライトを付け股間を照らし割れ目を両手で開き見ていた。

今度は看護婦が霧吹きを渡して看護婦が彼女の割れ目を開き先生が左右のビラビラを交互につまみ霧吹きで2、3回開いた割れ目全体に消毒なのか吹き付けて看護婦に霧吹きを渡すと右手の人差し指と中指を穴に入れ左手を陰毛のすぐ上あたりに置き押さえながら右手の方向を変えながら診察していた。

俺は時々カーテンの隙間から彼女の方を見ると目が合うと微笑んだ。
指を抜くと看護婦が何種類かあるアヒルのくちばしのような器具の大きい方を先生に渡し、穴に入れ中がくっきり見えるような大きさまで開きオマンコの、すぐそばまで顔を近づけ中を覗いていた

それが終わると、ゼルをへその下から陰毛の生え際から2.3センチ下まで塗って超音波で調べていた。かれこれ10分位で終わり、先生はすぐ出て行って看護婦がゼルを拭き始めたので俺も出た。

夏休み中A先生は俺を多分、若いからからかってだと思うんですが、たまに婦人科に行った時は医学生でもない俺に、ニヤニヤしながらこれから内診だから見て行けよとか、これから中絶やるから見ていけと言われ、出産にも何回か立ち会わせていただきました。

休みの前の日は焼き鳥屋に連れてってもらい、ビールをご馳走になり良くしてもらいました。
あの先生も今は76、77だと思いますが元気で診察しているでしょうか?

一般男性は入ることのない婦人科の診察、中絶手術室、青春時代の貴重な体験でした。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!