エッチ体験談が11,000話を突破しました。

バイトのミニスカ女子高生、卒業前に「したいんです」

PR

ソーテルヌ山梨さんから投稿頂いた「バイトのミニスカ女子高生、卒業前に「したいんです」」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

どんよりと、灰色の雲が広がる梅雨の6月でした。

夕方、草野球の練習が終わり、グラウンドから駐車場に向かって歩いていると、チームメイトのひとりが近寄ってきて相談されました。

高校生の娘がバイトをしたがっていて、僕の居酒屋で働かせて欲しいと言うのです。初めてのバイトなので、知っているところなら安心できるし、大学受験もあるので、週に1日ほんの数時間だけお願いしたいと頼まれました。

僕は42歳。両親と居酒屋を営み、相談者は頻繁に飲みに来る常連客です。
さっそく両親に伝えると、バイトを雇うのは初めてですが、顔見知りの娘さんなので快く引き受けました。

美愛(みあい)ちゃんは、私立の女子校に通う3年生。セミロングの黒髪で、すらっとしたスリム体型。例えるなら、石田ゆり子さんや尾野真千子さんを高校生にしたような、かわいいよりも、整った顔立ちの美人タイプです。

慣れないうちは当たり障りのない話をしていたが、徐々に美愛ちゃんとの仲も深まり、学校のことや、ときには友達関係の悩みも話してくれるようになりました。

さらに誕生日には革製のブックカバーをプレゼントされ、バレンタインには手作りクッキーももらいました。

それでも美愛ちゃんは、常連客でありチームメイトの大事なひとり娘です。まったくもって恋愛感情はないし、下ネタどころか、恋愛事情も話したことがありません。

ちょっとした珍事件もありました。

居酒屋は古い木造の2階建てで、美愛ちゃんは2階の部屋で着替えをしています。
2階のトイレで用を足し終えた僕は、トイレットペーパーの補充をしようと、何も知らずにドアを開けてしまいました。

すると美愛ちゃんは着替えの真っ最中。制服のミニスカートに、上半身はピンク色のブラジャー姿でした。

普段は2階にいると、階段を上がる音や、廊下を歩く足音で必ず気付きます。しかし、トイレに入っていたので、まったく気付かず油断していました。

「ご、ごめん! トイレ入ってて気付かなかった!」
「大丈夫です。気にしないでください」

美愛ちゃんは平然としながらも、下着姿をもろに見てしまい、正直ラッキーでした。

11月下旬。外は冬の訪れを感じる冷たい雨が、朝から止むことなく降り続いていました。

今日は暇だろうと思っていると、17時の開店直後に制服姿の美愛ちゃんが、身体を震わせながら忘れ物を取りに来ました。

「寒いでしょう、そこに座って温まりな。ココアでも飲も?」と聞くと、「はい、いただきます」と店内のテーブル席に座りました。

私立の女子校に通う美愛ちゃんの姿は、紺色のブレザーの下にキャメル色のセーター、胸元にリボンがあります。グレーに細い白線がチェック模様に入ったミニスカートを穿き、あと数センチでお尻やパンティが見えそうな、悩ましい短さです。

僕も向かいに座り一緒にココアを飲みながら、たわいない話をしていると、次第に雨はみぞれに変わり、わずかに雪が混ざってきました。

「雪が混ざってきたよ、寒いはずだ。そうだ、美愛ちゃん帰るの大変でしょう、送ってあげるよ。ちょうどプリンターのインク買いに行こうと思ってたんだよね」

「そうしてもらいなさい」と両親にも促され、美愛ちゃんを送ることになりました。

美愛ちゃんの家は車で15分ほど。何度か野球用具を届けに行ったことがあるので、場所はなんとなく覚えていました。

雪がちらつく中、車を走らせると、いつも明るく口数の多い美愛ちゃんなのに、ずっと下を向いたまま黙り込み、表情は硬く、明らかに様子が変なのです。

(店でココア飲んでいるときは、いつもと変わらなかったのにな……)

意味不明な重たい空気が漂い、しばらく沈黙が続くと、美愛ちゃんが口を開きました。

「あの…… 永遠の0ありがとうございました」
「そうか、読み終わったんだ、感動したでしょう。映画も観たけど、本のほうがずっといいな」
「はい、感動しました。あとで返しますね」

一瞬ニコッとするが、無理に笑顔を作っていのはあからさまです。
車内は重い空気のまま、家の門の前に到着しました。

「せっかく来たから、お母さんにあいさつしていくよ。野球でいろいろと協力してもらってるから、お礼もしたいしね」
「それが、今日は旅行に行っているので、誰もいないんです。ちょっと見せたいものがあるんで、上がってもらえますか」
「うん、もちろんいいよ」

階段を上がり2階にある美愛ちゃんの部屋に入りました。6畳ほどだろうか、化粧品のような、いかにも女の子らしい香りが漂っていました。

きれいに整頓された部屋を見渡すと、学習机に置いてある文庫本「永遠の0」が目に付きました。

「あ、あれ…… これ美愛ちゃん……」
手にすると、本にはしおりがはさんであり、まだ読み掛けのようです。

「あの…… 笑わないで聞いてもらえますか」
「どうしたんだよ、さっきから美愛ちゃんなんだか様子が変だよ。笑わないで聞くから、何でも言ってごらん」

美愛ちゃんはベッドにポツンと座り、キャメル色のセーターの袖口を力強く握りしめ、今にも泣き出しそうな声で話しました。

「わたし、もうすぐ高校卒業じゃないですか」
「そうだね、あと3学期だけだから、もうすぐだね」

「友達はもう経験しているんです。みんなじゃないけど。なので、初めては好きな人としたいんです。ダメですよね……」

そんなに慌てなくても、と思ったが、もちろん口にはしませんでした。

「なるほど、もう経験したお友達がいるんだね。思い出すな、オレも初めては高校のときだったよ。たしか3年になる春休みだったな」

僕の初体験を話しているうちに、硬い表情の美愛ちゃんに笑顔が戻りました。

紺色のブレザーとキャメル色のセーターを脱がし、学習机のイスに掛けると、ふと思いました。

「あ、そうだ。もしかすると血が出るかもしれないよね。シーツに付いたら大変だから、何か敷いた方がいいよ」

1階から緑色のバスタオルを持ってきて、ベッドに敷きました。

僕は美愛ちゃんの隣に腰掛け、ゆっくりと唇を重ね、わずかに舌が触れあう軽いキス。リボンを外し、白いシャツの胸元から丁寧にひとつずつボタンを外すと、ブラジャーが露になりました。

白いキュートなブラジャーは、カップに黒い水玉模様と小さなリボン。美愛ちゃんによく似合っています。続いてミニスカートを脱がすと、ブラジャーとお揃いの白いパンティでした。フロントには黒い水玉模様があり、ブラジャーと同じく小さなリボンが付いています。

美愛ちゃんを仰向けにさせ、僕はパンツ姿になり、もう一度軽くキス。背中のホックを外しブラジャーをめくり取ると、おっぱいが露わになりました。

小振りながらも魅力的な膨らみがあり、肌色に近い淡いピンク色の乳首が、ぷっくりと上を向いています。

両乳を軽いタッチで揉みながら、舌で乳首を転がすように舐めると、ぷっくり柔らかかったのが、次第にコリコリと硬くなりました。

美愛ちゃんはひたすら目をつむったまま、まったく動きません。全身に力が入っているのが伝わってきます。

ハイソックスとパンティを脱がすとマンコが露わになり、これで美愛ちゃんは全裸です。
小判型に生えた恥毛は薄く、脚を閉じているのに割れ目の上部がくっきりと露出しています。両脚を広げると、割れ目もビラビラもマンコすべてが丸見えになり、中指で撫でるとヌメった液体で満ちていました。

皮で覆われたクリトリスを剥き出しにして中指の腹で刺激すると、身体に電流が走ったようにビクンビクンと何度も反応し、眉間にしわを寄せながら顔に力が入っています。感じているようです。おそらく高校生にもなれば、クリトリスオナニーくらいはしているでしょう。

おっぱいも、太ももも、お尻も、すべてのパーツがすべすべとキメ細かい色白の肌で、全身から発する体臭までもが新鮮で若々しさを感じました。

僕はボクサーパンツを脱ぎ、正常位で硬直したチンコを慎重にゆっくりと挿入するも、強烈な締まりで、なかなか進んでゆきません。

「美愛ちゃん大丈夫? 痛い?」
「大丈夫です、続けてください」

じっくり時間を掛け根元まで突き進むと、ゆっくりゆっくりピストンを始めました。

(これが女子高生の処女マンコか)

いつまでも味わっていたいが、なんと言っても美愛ちゃんは初体験。早く終わらそうと全神経をチンコに集中しました。

「ねえ美愛ちゃん、そろそろ出そう」

うんと大きく頷き、僕は恥毛からお腹に向けて発射しました。

「どう? 痛かった?」
美愛ちゃんは、恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら言いました。

「最初は痛かったけど、痛くなくなりました。大丈夫です」
ティッシュで拭くとチンコには、わずかに血が付いていました。

一呼吸置くと美愛ちゃんは、突然裸のまま力強く抱きついてくるのです。

「ど、どうしたの?」
「少しだけ、こうさせてください」

抱きつかれながらも、柔らかいおっぱいの感触と、黒髪のいい香り、視線を下げると黒々と茂った恥毛とマンコの割れ目があります。発射したばかりなのに、再び激しく硬直してしまいました。

「もっとしたいですか?」
「い、いやいや、だって美愛ちゃん初めてだし、さすがに痛いでしょう」
「わたしなら大丈夫です」

正常位に加え、バックもしました。もちろん激しいピストンは禁物。美愛ちゃんは四つん這いになりお尻を突き出すと、割れ目はパックリ開き、細かいしわが密集したお尻の穴まで丸見えでした。

ゆっくりピストンを繰り返すと、未熟で小振りなおっぱいがリズムに合わせ前後に揺れます。このままじっくり味わいたいが、今回も早々にお尻から腰にかけて発射しました。

美愛ちゃんはいっさい声も上げず、動きもせず、いわゆるマグロ状態。おそらく快感を味わう余裕はなかったのでしょう。

開店30分前、僕は落ち着きませんでした。しかし、ガラガラと出入り口の扉が開くと一安心。いつものように美愛ちゃんは、笑顔を見せながらバイトに来ました。

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR