エッチ体験談が10000話を突破しました。

他国での隙間から

プープーさんの投稿です。

オーストラリアのある都市にて、ネットカフェの受付のバイトを始めた。

基本的には、夜から朝までの夜勤担当でその時間に働いているのは俺ひとり。

お客の層はというと、ほとんどが男でゲームを楽しんだり休憩の場として利用している。このあたりの内容は日本のネカフェとあまり変わらない。

また夜なのでとても閑散としている。しかし、少数ではあるが女性のお客もいる。

そして、そのなかに一人だけかわいい子がいる。

なんのようでよくくるかは分からないけども、会員にもなっており割とよく見かける部類に入ると思う。

ある日、ぼーっとしながらその子が入店した時にふとした考えが頭をよぎった。

このネカフェは地下一階にあり、入店するためにはメインの通りから階段を下ってくる必要がある。そして、受付はその階段の真横に位置しており、併設しているわけだがカーテンを張ることによってお互いからは見えないようになっている。

しかし、たかが後付のカーテンでありもちろん多少の隙間はある。二箇所隙間があるんだが、一方は割りと低い位置にありまた、お客から見えるカウンターの真横に位置している。しかし、二個目は受付の奥の方(敷居がありお客からは見えない)にあり、階段の位置で言うとかなり高めのところに位置する。

自分自身、意図的にしゃがんでパンチラを見たり、ましてや隙間から見ようとなど試した事すらなかった。

しかしあまりにも眠かったためか、ほとんどお客がいなかったためか、思い切って彼女が帰る時に受付の後ろへ行き、何か作業しているふりをしながら、隙間を見上げてみる事にした。

幸運にも、いつも彼女は短めのスカートを穿いている。

ドキドキしながらそのタイミングを待っていると、ついに彼女が席を立つのが見えた。

階段の方へ彼女が向かっている間、怪しまれない程度に可愛い顔をガン見した。

これから彼女のスカートの中を覗くと考えると、申し訳ない気もしたが、それと同時に下半身が興奮している事にも気がついた。

そして、彼女が上り始めた。

俺はすかさず受付裏のベストポジションへ。

コツ、コツと階段を上る音、そしてカーテンに映る影。

いよいよ彼女がカーテンの隙間があるところまで辿り着いた。

申し訳なさも感じながら思い切って見上げてみる。

高さ的に上手くいくか定かではなかったが、彼女が隙間に差し掛かった瞬間、綺麗な色白の太ももそしてスカートの中が一気に露わになる。

なんと肝心のパンツは黒色のTバッグであり、きれいなほどよい肉付きのおしりまでもが丸見えだった。

気がついたら、終いには身を乗り出してよく見ようとしている自分がいた。

なんだかすごい惨めに感じるが、その時はかわいいオーストラリア人の下半身に興奮しおもわず夢中だった。パンチラはたまに見かけることはあるけども、ここまで興奮したのは今までになかったと思う。

その後も、何回か機会があり、拝ませてもらった。なぜか、いつも受け付け寄りの方を選んで階段を上るため、手を伸ばせば届きそうなくらいの近さでよく拝める。その子に受付で応対する時に、どうしても変に意識してしまい、へんな緊張感がなんともいえない今日この頃です。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!