エッチ体験談が10000話を突破しました。

彼氏がいるから最後までできないって手コキしてくれた

彼氏がいるから最後までできないって手コキしてくれたエッチ体験談

社会人になって2、3年目頃と言っても10年以上前の話。
大学の同じクラスだった子との思い出です。
彼女と俺は付き合ったことはないが、よく食事に行ったり、
映画に行く、友達よりちょっと仲の良い友達といった関係だった。
何故、そうだったのかは、今時の学生なら二股三股くらい普通だろうが。


当時の俺達は、お互い「彼女」、「彼氏」がいたり、
片方が付き合っている奴がいて、片方に付き合っている奴いない状態などがあり、
両方が完全にフリーの状態が6、7年ない関係だった。
しかし、一瞬の隙間が出来た。
俺には彼女がいない夏、海に一緒に出かけた。
彼女が彼氏とうまくいっていないときだった。
海から帰ってきて、帰り道の途中、俺の家でお茶でも飲もうということになった。
たわいもない話をしながら、俺がシングルベットに横になった。
知らぬ間に彼女も腰掛け、顔が近づいた。
彼女はどちらかというと色白の美人な顔立ちで学生時代クラスでも人気だった。
俺は見なれた彼女の顔にかなり接近した。普通にキスをした。
昼間、彼女の水着姿を見ていた俺はもう止まらなかった。
彼女も普通に身を任せた。
彼女のシャツを脱がすと、ほんろり日焼けした肌があらわれた。
ブラをはずし、カワイイなピンクな部分を・・・。
俺はどんどん攻めた。パンティを脱がし、何年も知っている女友達は声を小さく出していた。
大事な部分からは「OK状態の合図」が指の濡れ具合から充分に伝わっていた。
そして、俺も方もギンギンになっていた。
しばらくお互い責め合った後、俺が入れようとした瞬間。
彼女から「ごめん」とストップが入った。「彼氏とは完全に終っていないからので最後までは出来ない」と。
俺はでももう止まらない状態だった。
俺「でも、すごく濡れてるよ・。俺もこんなんだし。いいじゃん」。
彼女「やっぱりだめ。本当にごめん」
俺「なんだ。残念だなあ。でもこのままじゃなあ」
彼女「手でしてあげる」
と言いながら、俺のモノをしごき始めた。
サオの中心を小さな白い手が上下し、タマ部分を刺激しながら、
しごいている右手の親指が○頭から出ている先走り液を撫でながら、
ちょっとシャーペンの芯を出すような軽い上下運動バーションだった。
俺は彼女の大事な部分や胸をさわりながら、しばらくして放出した。
彼女「濃いね。彼氏より全然」
俺「そうか。他人の人のなんて見たことないから、わからないよ」
 「お前だって、スゴイ濡れてたぞ」
彼女「うん。今日はそうだったみたい」
と、2、3分話していたら、回復してきてしまった。
彼女「え~。もう大きくなってる。スゴイ。」
  「いつも、こうなの?彼は夜は1回しか出来ないよ」
俺「3回は余裕だよ。朝入れれば5回かな」とちょっと嘘をついた。
俺「もう一回したいなあ」彼女「いいよ」。
今度は69状態からのスタートなり、
彼女は俺に攻められながら、俺に2回目の快楽へと導いた。
彼女を起こし、お腹に2回目とは思えない程、大量に出した。
その後、しばらく抱き合いながら、彼女に聞いてみた。
俺「何故、親指を上にあてるの?」
彼女「彼氏がそうして欲しいってたから」
俺「初めてだよ。俺は」
彼女「そう。普通じゃないの?」
俺「正確なやり方があるものでもないしねえ」
適当な会話が続き、その日は彼女を家まで送った。
—続編
旅行に行った時の話をさせて頂きます。
学生時代のメンバー10数人で伊豆のペンションに行った時の話です。
先程の夏から1ヶ月たったぐらいです。
昼間は普通にドライブしたり、ご飯食べたり。
夜は近所の漁港から買ってきた魚を使って、
お刺身や焼いたりして飲み会が始まった。
しばらく大騒ぎの飲み会で、みんなお酒の量も進んだ。
当日、朝早くから出かけて、飲み&遊び疲れが出たのか?
5,6人を残し、他のメンバーは早めに寝始めた。
俺も朝から車の運転で疲れて寝ることにした。
彼女はお酒は強い方なので残ったメンバーに入っていた。
お酒がなくなり、2、3人が15分程の街まで買いに行くことになり、
彼女ともうひとりの女の子だけが部屋に残ったようだった。
2,3分して、俺が歯磨きをしようと洗面室に行くと
彼女がコンタクトを外していた。
彼女「寝るの?一人になっちゃったよ。みんな寝ちゃったし。買い物に行ってるから」
俺「1人?そうなんだ」
彼女「酔ったから、コンタクト外しておかないといけないなあと思って」
俺「確かに顔赤いよ。酔ってるんだ。でも、寝るだけだからいいじゃない」
と言った瞬間、彼女が抱きついてきた。
一瞬驚いたが、酔っていたせいか、俺達は普通にキスをした。
誰もそばにはいないのはわかっていたが、洗面室の扉を閉めた。
抱きしめキスをしていると、彼女を洗面台に腰掛けさせるような形になり、
Tシャツをめくりながら、ブラを外した。
彼女「ダメ。人が来ちゃう」
俺「まだ大丈夫だよ。後20分は帰ってこないよ」
彼女「みんな寝ているとは限らないし」
俺は聞きながら、彼女の胸を吸った。
短パンを下ろしながら、大事な部分を攻めるとすぐ濡れた。
洗面台の上にほとんど全裸状態にして、彼女にク○ニをした。
彼女「あ~。だめ。声が出ちゃう。人来るよ。」
俺「まだ大丈夫だよ。」
俺はジャージの上から息子を握らせた。
彼女「すごい。硬いよ。もう~」
と言ってトランクスの中から取り出して、しごき始めた。
何故か、めちゃくちゃ興奮していた。
扉1枚で仕切られているだけがそうさせたのか?
いつもとは違っていた。すぐにイキそうになった。
でも、どこに出していいかわからなく、
もう一度攻守交代、指で責めながら、しごかせた。
「入れたい」と伝えたが、ゴムもないし、前回同様ダメと言われた。
俺もそろそろ限界がきた。こうなったら気持ちよくイカセテ欲しいので、
洗面台に中腰のような形になった。
俺「そろそろ、出るよ」
彼女「え、どうする?」
俺「口でしてよ」
彼女「口はごめん。それはイヤ」
俺「じゃ、どうしようか?出るよ」
彼女「手でしてあげる」
俺「手汚すから、そばのティシュ使いなよ」
彼女は移動しながら、洗面台に中腰になった俺に膝をついて、
息子と正面から対面した形で、しごき続けた。
親指は立てるのがやりくく、親指と中指で輪を作りながら、上下運動を早めた。
俺「いくよ」
彼女「うん」
ティシュで押さえながら、彼女の手に出した。
彼女「スゴイ勢い。たくさん出てるよ~。」
俺「・・・・」
彼女「わ~。いっぱいだねえ。いつも」
快感に浸っていると人の声が聞こえた。
俺「帰ってきたみたいだね」
彼女「服、着ないと」
俺達の洗面室の秘密はこうして終った。
今は彼女も人妻。6、7年は会っていないし、あれ以来していない。
近いうち、クラス会があると友人から聞いた。
また、会ったらもう一つ秘密が出来るかも。
そうしたら、また書きます。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!