エッチ体験談が11,000話を突破しました。

仲の悪かった妹と…

PR

祐也さんから投稿頂いた「仲の悪かった妹と」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

当時俺17歳
妹(亜美)16歳

昔から妹とは仲が悪く
妹の反抗期も父、母じゃなくて俺だった。

妹が高校生になった途端、髪を茶髪に染め上げ、
ピアスも開けて、メイクもこかった、みるからにギャルだ。

ある日 俺の部屋に妹が入ってきた
「ん?なんか用か?」と聞くと

妹「あ、あのさ、アンタ数学と、歴史が得意なんでしょ?」
「そうだけど・・・・何?」

冷たく振舞う俺に妹はモジモジしながら
妹「教えてよ・・・」と言ってきた。

コイツが俺に教えをこうなんて
明日雪でも降るんじゃないかと
その時俺はそう思っていた。

「自分の部屋から椅子もってこい」
というと妹はそそくさと出て行き
椅子をもってくると俺の勉強机の所に椅子を置いた。

俺は一から順に歴史と数学を教えていると
妹は「おぉ!!そういうことか!!」
と今までに見たことのない笑顔だった

その笑顔を見ているとこっちまで嬉しくなってきた。

それから次の日からちょいちょい俺の部屋にやってきては、
分からないところ聞いてきた。

勉強を教える中で妹のことを知った。

かまうと面白いところ笑うと可愛いところ、
などなど・・・色々とわかった。

それから一ヶ月がたった頃
俺と妹は冗談が言えるほど仲良しになった。

二人で映画に行ったりユニバや、ディズニーで遊んだりもした。
親もいつの間に仲良くなったの?と聞いてくるほどだった。

そしてクリスマスシーズンの冬

いつものように妹は俺の部屋にやってきた
妹「兄貴~ひまぁ」
と俺にもたれ掛かってくる妹

妹の頭を撫でる俺
その時の俺は妹に兄弟という関係ではなく
ひとりの女として好きでいた

告白するかしないか迷っていたけど、
やはり告白することに決めた。

俺はもたれ掛かっている妹の両肩をつかんで引き離すと
俺「俺 お前のことひとりの女として好きなんだ。」
と告白をしてしまった。

妹は「え?え?」
と困惑状態におちいっている
俺は妹を抱きしめもう一度告白した。

妹は「ちょいごめん考えさせて」
と言って俺から離れるとそのまま出て行ってしまった。

それから二時間後(PM10:30)
妹はまた俺の部屋へとやってきて

「しゃーなし付き合ってやるよ。」
と強気な妹へと戻っていた

俺は嬉しさのあまり妹にキスをした。

それから俺の部屋の電気を消して
妹と舌を絡めあった。

妹の胸を揉んだり、まん○を触ったりと
ぎこちないが妹とHをしていた

妹も初めてなのにも関わらず
フェラをしてくれたり
俺の感じやすいところを一生懸命探してくれた。

苦労したのは入れる時だ

妹は処女だから痛がって反射的に腰が浮いてしまい
入れようにも入れられない。

格闘すること40分チン〇を全部入れることに成功した。
入れているとき妹はものすごく辛そうな顔をしていた

最初はゆっくりと腰を動かした
妹は「っつぅ^・・・・・・いっ」
と言っていたが少しずつだが

「きもちぃ」といってくれるようになった

そのあとは胸を揉みながら腰を振ったり
バックでやったりして、
最後はふたり揃っていってしまった

次はその後の話を投稿しようと思います

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR