エッチ体験談が11,000話を突破しました。

部下である彼女と営業接待に行ったら彼女が別室に連れていかれて…

PR

得意先への営業回りで部下(付き合って2年の彼女)を連れて行った。

そしたらその得意先のハゲ社長が彼女を気に入り、
いまから飲みに行こうという話になった。

料亭の個室で彼女は
ハゲ社長の横に座らされ、酌をさせられた。

ハゲ社長は徐々に距離を詰めていき、
彼女にボディタッチもするようになっていった。

俺は「社長そこまでやりますかぁ~マズいマズい」と
柔らかく制止するので精一杯。

彼女は明らかに怒り顔で弱腰の俺を見つめている。

やがてハゲ社長は
「うるさいなぁ君は。酒井くん(彼女)ちょっとこっちへ」
といって、個室を二人で出て行った。

障子の向こう側で何か話している様子だった。

居てもたってもいられなくなり
耳を障子につけると俺の気配を察したのか
社長は彼女を廊下の方へ連れ出していった。

待ち続けること20分ぐらいだろうか。
二人は戻ってきて元の席についた。

ハゲ社長は何事もなかったかのように
彼女に酌をさせ上機嫌に話を続けた。

時折、これ以上ない厭らしい顔つきで
彼女の顔を覗き込みニヤニヤしていた。

彼女へのボディタッチはもうやらなかった。

ただ、彼女は唇をぎゅっと噛んだような表情で涙をずっと浮かべていた。
俺の顔も一切見なかった。

お開きの時間になるとハゲ社長が「酒井くん」と言うと彼女は立ち上がり
社長と一緒にまた部屋の外に出て廊下の向こう側へ歩いて行った。
今度は2~3分で戻ってきた。

用意していた接待費は使わずに済んだ。
ハゲ社長が払ってくれたのだ。

彼女はハゲ社長からもらったタクシーチケットで自宅へ直接帰った。

翌日、ハゲ社長から直々に連絡があり大型商談を獲得した。

だが彼女から、部署を移動させて欲しいと依願があった。

俺と別れるとかいうのではなく、
あの社長と仕事をするのはもう嫌だという理由で。

他の社員の手前、簡単に特別扱いはできないが
昨日の料亭の件がよほど辛かったのだろうと思い了承した。

慰めるため食事に行きそのままホテルに直行し愛を確かめ合った。

次の土日に会うことを約束した。

ところがその週末、金甌日にハゲ社長から来たメールを見て驚愕した。

「あれから酒井くんといい関係をさせてもらっている。
毎日深夜にしか会えないのが辛い所だが。
彼女ほどの娘が結婚しないのが不思議だ。
愛人を娶ることは趣味じゃなかったが、考えが変わった。
これからも良い商談をしていきましょう、どうか内密に。」だと。

料亭であの時何があったかは分らない。彼女にも聞いていない。

皆さんは、何があったと思いますか?

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR