エッチ体験談が10000話を突破しました。

変な性癖、願望

ちほさんから投稿頂いた「変な性癖、願望」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

私は昔からおばあちゃんと一緒に暮らしていました。

中学生の頃、
漫画で女の子が女の人に恥ずかしそうに裸を見せるシーンを見て、
異常に興奮を覚えました。

そこから、自然に誰かに恥ずかしいところを見せたいという願望が生まれ、
なんとなくおばあちゃんに見られたいと思う様になりました。

おばあちゃんは小さい頃から優しくて大好きなんですが、
そんなおばあちゃんに私のHな姿や恥ずかしいところを見せると
どんな反応をするんだろうと考えていました。

おばあちゃんに下着姿を見せたり、お尻を触られたり、
また、オナニーを見られたいと、
だんだん妄想はエスカレートしていきました。

ある日、小学生の頃にはいていたパンツの
お尻の部分に穴を開けたものをはいて、おばあちゃんに見せる事にしました。

「これ、久しぶりにはいてみたんだけど、小さくなってないかみてほしいの」

中学生になって小学生向けのパンツをはいて、
おばあちゃんに向けてパジャマのズボンをずらしました。

おばあちゃんは洗い物の途中でしたが、見てくれました。

台所でおばあちゃんに向けてお尻を突き出してる。
そんなシチュエーションに興奮しました。

穴に気づいてほしくて「もっと下から見て」とつぶやきました。

おばあちゃんは穴に気づいたらしく、
そのまま指で穴の部分を触りました。

おばあちゃんの指は、肛門まであたりました。

穴が空いてるわ、と言ってましたが、私がわざと開け、
肛門を触ってもらうためにした事なんです。

恥ずかしかったけど、嬉しかったです。

その日からおばあちゃんにお尻の穴を触ってもらった事を
思い出しながらオナニーしています。

おばあちゃんにお尻の穴を触ってもらった私は、
もっと指をお尻にいれて欲しいし、
オナニーだって見てほしいと思う様になりました。

偶然オナニーが見つかるというのり、
おばあちゃんにずっと見て欲しかった事を告白して、
イクところまで見て欲しいのです。

いやらしい娘に育ってごめんなさい、
おばあちゃん、私のオナニー見てください。

そういいながらおばあちゃんに見られたい。
そんな妄想を毎日していました。

おばあちゃんがすぐ隣の部屋にいる時や、
寝ているそばでパンツをずらしてオナニーにふけっています。

本当にオナニーを見られたらどうなるかわからないけど、
今はおばあちゃんにただ恥ずかしいところを見られたい気持ちでいっぱいです。

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!