女子校生~女子大生までの4年間 彼女に内緒の不倫関係

PR

しょうこさんから投稿頂いた「女子校生~女子大生までの4年間 彼女に内緒の不倫関係」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

まずは、彼女との出会いを説明します。

当時私は28才、彼女は16才(高校1年生)でした。
出会いは某SNSで最初なかなか会える約束までこぎつけなかったが、ようやく会う約束にこぎ着いた。

彼女のスペックは、黒髪のストレートで肩に掛かる程度、部活をしており結構運動神経のいい子である。
見た目はギャルではなく、現在の生野陽子を若くした感じだった。

大体、SNSで会った子はセックスをしてすぐ関係を終わらせていたが、この子は可愛く長期のセフレにしたいと思いすぐに手を出さなかった。

当時彼女は処女で中3の時28才の人にナンパされ付き合ったが、体を求めてきたばかりで嫌になり別れたという事もありすぐにセックスに持っていこうと思わなかった。
しかも好きな人がいると聞いていたし・・・。

まあ、大人の男性として相談を受け、親密になりそのまま食ってやろうと思ってたわけで。

ちなみに、なぜ処女だと分かったかというと、某サイトで体験人数や好きな体位などアンケートに答え、その答えが送り主に分かるというブラックメールを送ったからである。

なんだかんだで、彼女(以後ショウコと仮名する)は部活が忙しくなかなか会う約束も取れずメールも疎遠になり、約1年が過ぎた。

ここで、自己紹介を挟まして下さい。
既婚で妻子あり。

大学生のころから結構体だけの関係の女性は多かった。
ギャル男やヤンキー系でなくモデル系の見た目と言われていた。

【約1年後】

ショウコは高校二年になっていた。久しぶりにメールをしてみた。

「久しぶり~覚えている?○○だよ。やっぱり他に何人かと付き合ってみたけどショウコの事が忘れられないからメールしちゃった・・・」

1年前、元カノにすごい似てるから好きになっちゃった。って言っていた事もありこのようなメールの内容で再連絡を取り合った。

しかし、「今は好きな人がいるわけじゃないけど、やっぱり部活が忙しく会えないから無理です・・・」

と言われ続けまた1年経過・・・。

その間合ったのは1回くらい、放課後車で家まで送っただけ。

もちろんキスも何もしていない。
結構遊び人の俺だが、ショウコに対してはかなり慎重であった。

やはり、処女という事が気になっていたかも知れないし、1回だけの関係でも合意の上が良かったからである。

【さらに1年後】

ショウコは3年生になっていた。
この1年はちょこちょこメールもし合ってたし、しつこくは付き合おうとは言っていなかったが、時間があれば遊び行こうとかでコミュニケーションを取っていた。

しかし、3年になったショウコは部活を引退したが受験が迫っているからなかなか遊べなくてごめん・・・って感じだった。

ショウコが3年の冬、遊べないから予備校の帰り家まで送る約束を取り会うことになった。
たぶん2回位だったと思う。

付き合おうと言っても勉強と恋愛の両立ができないからごめんなさいと言われてたが、こんなにもずっと好きだと言ってくれる人はいなくて気持ちは嬉しいと言って来た。

≪しめた・・・!!!!!!!!! ≫っと思い、あとはうまく芝居をしていった。

ショウコの家の近くの公園の駐車に車を泊め会話をしていった。

俺「ショウコが受験できる様にサポートするよ。一緒頑張ろう」

ショウコ「でも、あんま会えないから○○さんにさびしい思いさせちゃいますから・・・」

俺「ショウコの受験が一番だから、もち我慢するよ。さびしくなったら電話しちゃうかもしれないけどさ・・・(笑)」

ショウコ「・・・でも、やっぱり悪いです。」

俺「年齢も離れているからやっぱ嫌?」

ショウコ「年は関係ないです・・・」

俺「彼氏として見れない?」

ショウコ「そんなことないです・・・」

≪行ける!!!≫っと確信した。

俺「嫌いなら嫌いって言っていいのに・・・」

かなり悲しそうな感じで言った。
もちろん次のショウコの返事を想定しての芝居だ。

ショウコ「嫌いじゃないです・・・・」

っと言った瞬間彼女に軽くキスをした。

俺「ごめん!いきなり・・」

ショウコ「びっくりしました。いきなりですから・・」

俺「いきなり嫌な事してごめんね」

もちろん、次の返答は俺には分かっていた。

ショウコ「嫌ではなかったです・・・」かなりもじもじしてショウコは答えた。

その返答を待ってましたかのごとく、ショウコにディープをした。

「ジュルッ、クチュ、クチュ~、ジュルッ」

2分くらいショウコと舌を絡めた。
ショウコはディープは経験がないらしく俺の口の中に自分の舌を入れてこない。

ここぞどばかりにショウコの口の中に俺の唾液をたっぷり送り、ショウコの舌から歯茎を舐めまわした。

ショウコ「・・・んんんっ」

言葉にならない喘ぎ声を出してきた。
さすがに、俺の舌もアゴも疲れてきたので、ショウコの口から俺の舌の抜いた。

俺「好きって気持ちが抑えれなかった・・・ショウコの口の中に入れたくなっちゃって!!」

ショウコ「・・・ディープ初めてでしたから、いきなり○○さんの舌がはいってきてびっくりしました」

案の定、ディープは初めてだった。
今後ショウコを俺色に染めていけそうだと思うと、チンコがギンギンになってきて、パンツの中でも我慢汁でいっぱいになっているのが分かった。

俺「順番が逆になったけど・・・付き合って下さい」

ショウコ「・・・はいっ」

晴れて、恋人(不倫相手)となった女子校生を再度抱きしめ、アゴが疲れるまでディープし合った。
いつでも、この女子高生の処女を頂けると思うと今日あせってやる必要はないと思い、その日は不倫女子校生とのディープで終わりにした。

それから、1カ月間クリスマスまで予備校の帰りに会い、大学の駐車場に入り車の中で指マン、フェラまでは進めた。
まあ、さすがにフェラ初体験の女子校生なので歯がチンコに当たるは、ただ上下するだけで気持ちよくはなかったが、制服姿のまま、しかもいまだに敬語で話す一回り下の女子高生っていうだけで満足だった。

【その年の年末】

嫁を先に実家に帰し、クリスマスイブにショウコに会う約束をした。
もちろんこの日に女子校生の処女を頂く計画であるのは間違いないのだが、事前にセックスをしようという話になっていた。

というのも、クリスマスが終わったら海外に転勤になる。
ただ半年の期間だけだけだから待ってってね。という情報を伝えていた。

もちろん、真っ赤な嘘であり年が明けると嫁が戻ってくる事と不倫がバレルのを警戒し、女子校生の処女を頂き、海外転勤が延長になり自然消滅を狙っていた。
クリスマスイブ、ショウコとデパートに行き、クリスマスプレゼントを買ってやった。

まだ高校生なのか高価なものはおねだりせず、安いネックレスで済んだ。

ショウコは

「ペアーの指輪が良いっ」

な~んてことを言ったが、基本アクセサリーは嫌いって伝え、ショウコのだけ買った。

俺は、プレゼントをもらっても捨てるだけなので、

「バイトもしてないから、大学生になってバイト代が入る様になったらなんかかってね、そのかわり今日はショウコの初を頂戴ねっ(笑」」

ってうまくいい、ショウコも納得しデパート内で腕にしがみついてきた。
かなり惚れている事が分かった。

昼ごはんを食べ、車でラブホへ。
まあ、初体験ってことできれいなちょっと高目のラブホへ連れて行った。

ショウコは、緊張してるのを隠すように、いろんなものに興味があるように、

「ホテルってこんなになっているんですね。すご~い」

なんて言っている。たぶんかなり緊張してたと思う。
ホテルに入って、恥ずかしがるショウコと一緒に風呂に入った。

俺「電気を消していっしょ入ろう」

ショウコ「・・・うううん」

ジェットバスを付ければライトがつく事を知っていたので暗いことなんて関係なく、俺は服を脱ぐ前からチンコはギンギンだった。
ショウコの服を脱がし、風呂に行く。

女子校生の肌、小さなおっぱい(Aカップ)、手入れをしてないマン毛、汚されてない若いオマンコ、想像だけでも逝きそうなくらいビンビンになっている。
ショウコは自分のを手で隠し、俺のでかくなったチンコを見ないようにしてバスタブに入っていった。

俺は事前に買っていたローションを持って入り、バスタブ縁に於いた。
一緒に風呂に入り抱き合ってキスをしたりし、ショウコの気持ちが高ぶっていたのを確認し、

俺「ショウコ、上のマットに寝てみて」

ショウコ「・・・ううん」

ショウコはMだと確信していたのと、いつも付き合い出してからも敬語でしゃべっているから絶対俺の言う事を聞くと確信していた。
まあ、あと初体験ってこともあり、すべてゆだねていたってこともあるだろうが・・。

俺は、横になったショウコにローションを塗りショウコの上に乗った。

俺「ぬるぬるしてショウコの肌気持ちい・・・」

俺は浮気相手のエッチはなんでもほめるようにしている。
用は、やりたいだけだけどそれをばれないようにし、相手を本気で好きって思わせるようにね。

ショウコ「なんか変な感じ・・・」

俺「気持ちよくない・・・?」

ショウコ「・・・・・・・」

ショウコ「気持ちいです・・」

バスルームにローションを潤滑油にした女子校生を俺を肌を擦り合わせた音が反響する。

「グチュッ・・ニュルッ・・・グチュッ・グチュッ・グチュッ・グチュッ・」

俺はショウコの仰向けになったAカップの小さ胸の上はスライドした。
挿入はいい思い出になる様にベットにしてやろうと思い、バスルームではローションでの愛撫でとどまった。

ショウコが快感に浸り気持ちが高ぶってきたのを確認し、

俺「ショウコ・・・ベットに行こう」

ショウコ「・・・うん」

この、敬語でハイッっていったりかわいらしくウンってうなずいたりこの返答がまた俺のチンコをギンギンにした。

ベットに移動し、ショウコを寝かせ上に覆いかぶさった。
ショウコのマンコに指を入れる。

ショウコのマンコに指を入れるのは2回目だ。
一回目は車の中で。

俺「指入れてるけど痛くない?」

ショウコ「・・・うん」

1本入れているが、さすが処女。
俺の人差し指入れてもキツイ感覚が分かる。

これでおれのチンコを入れたら・・・
なんて考えながら指マンをしていた。

「んっ…ンンっ…」

指をゆっくり、時に早く、出し入れ、ぐるぐると回し俺はショウコの処女マンを楽しんだ。

「はぅ、……あっ、あんっ」

「あ・・あ・・・あぁぁぁぁぁっ!」

ショウコの顔は苦痛の表情もなく快楽の女の顔だった。
俺は指を2本にした。

俺「ショウコ・・・指2本入っているよ」

ショウコ「・・・えっ・・?くっ…!ウッ…アアっ…アッアッアアッ…!アアっ…ハアハアハア」

ショウコは指だけでかなりの快楽を得ていた。

俺は指を処女マンから抜き、

俺「ショウコ・・ほんとにいい?大丈夫?後悔しない?」

俺はこうゆうことをいうときは必ず相手の返答を確信して言っている。

ショウコ「大丈夫・・・○○さんの事大好きだから・・・」

俺は本気で恋人気分でいる処女の女子校生が彼氏にバージンを渡す覚悟に少し罪悪感を持ちつつ、チンコとショウコのマンコにローションを塗りチンコをマンコに付けた。

俺「ショウコ、生でいい?生理はいつ来た?」

ショウコ「2週間前、生はちょっと怖いけど・・・・」

俺「じゃあ途中まで生で入れさせて」

ショウコ「・・・ううん」

俺「・・・入れるよ・・・」

ショウコは目をギュッと閉じ俺の首を下からギュッと抱きしめた。

「あぁっ!うぁっ!!あ、あ、あっ!うぅっ!」

俺のチンコが女子校生のマンコにゆっくり入っていく。
処女膜を破りながら入って行っている。

ショウコの眉間にしわが寄り、痛みを我慢している。

俺「やめる?」

ショウコ「だ、大丈夫・・・」

ゆっくり、5分くらい掛けて根元までいてた。

ショウコの事をほんとに愛している、大事に思っている、優しく自分の事を考えてもらっていると思わせるように・・・。

俺「奥まで、入ったよ」

ショウコ「・・・うん」

俺「痛かったら言ってね」

ショウコ「うん」

俺はゆっくり腰を動かした。

「んん~~!きもち・・うっんっぅぅ~んっ、っっあぁぁっっ!あぁぁ…きもち・・・」

ショウコは気持ちいという言葉を言っているようだがそれが言葉になっておらず、ただ喘ぎ声となっていた。
おれはショウコの眉間のしわがないのを確認し、腰のピストンを早めた。

「ンッ!ンッ!ンッ!アッ!…ンッ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!」

ショウコは今バージンを失った女子校生とは思えないほどの色っぽい喘ぎ声を出してきた・・・。
さらに俺は、ピストンしながらショウコのクリを指で触りまわした。

「アァ~イャ~!ダメダメダメ~!アッダメ~変になっちゃいそ・・・・う・・・イィ~アンアァ」

ショウコは自分の足をぴくぴくさせながら喘いでいる。

俺は、マンコからチンコを出しショウコの腹の上に精子をブチまいた。
かなり前からギンギンだった俺のチンコからは大量の精子が発射され、女子校生のおなかの上に白い白濁の液体がローションのように吹き飛んだ。

さすがに中出しはまずいと理性が働いたね。

それから、俺とショウコは抱き合っていちゃいちゃし合い、時間を過ごした。

ショウコの門限が近くなり、ホテルを出て自宅まで送り届け、車を降りぎわ、俺へのクリスマスプレゼント渡した。

ショウコ「恥ずかしいから、帰ってかた見て下さい。ウッ・・・ッヒックッヒック」

なんと泣き始めた。

ショウコ「絶対泣かないって決めてたのに、○○さんに迷惑掛けちゃいけないって思ってたのに」

ショウコ「○○さんが海外で頑張れるように応援しています。帰ってくるの待ってます」

俺はかなりの罪悪感があったけど、彼女を抱きしめ軽くキスをして別れた。

帰り際、プレゼントの中身をみると、
一緒に撮ったプリクラと手紙、ネクタイ、名刺入れがあった。

さすがの罪悪感から、捨てると事はできず家のタンスの中にしまってある。
彼女はかなり惚れていた事を自覚した。

【4か月後】

その頃単身赴任(って言っても隣の県だが)になっていたので、週末以外は、また会ってセフレとして偽装カップルを少し装おうと思ってたのと、まだ俺の事が好きでいるのかなど思い、帰国した旨メールした。

案の定、まだ好きでいたようですぐ会うことになった。
彼女は看護学生となっていた。

久しぶりに合い、嘘の海外勤務がばれないように会話に注意しながら夜ごはんを一緒に食べ、近くのホテルに入った。
ホテルに入るや否やすぐ彼女を抱きしめベットに押し倒しキスをした。

口から首筋、耳の裏、耳の穴、俺を唾をショウコにたらし舐めまわした。
彼女の興奮も高まり、約束して持ってこさせていた高校の制服、靴下に着替えさせた。

制服姿になったショウコは昔のまま、今でも女子校生で通用するくらいだった。
ちょっと茶髪になっていたが、違和感もなく、俺は制服を脱がさずに指マンを始めた。

「ハァハァ・・・ハァハァ・・あっ…ハァ…ハァ…ん」

彼女のマンコは昔と同じくしまりの良い、俺以外まだ遊んでない事が分かる膣だった。

サイドデスクに電マがあったので俺は電マを使い、彼女のクリを激しく攻めた。

「ぁっ…ぁっ…ぁあっ、ぁあっ、ああああ~~!!!!!」

段々喘ぎ声が大きくなり、絶頂に行く喘ぎ声をあげた。

「ぁあっ…ぁあっ…ぁあっ…おかしくなっ・・ちゃう、おかしくなっちゃ・・」

言葉も途切れ途切れになっていく。

Sっ毛の高い俺は電マで彼女の喘ぎ声が止まるまで集中的に責めた。

「あぁ~・・・んぅ・・・あ! ハァハァ・・・・・・・」

彼女は腰を一旦ビックンと浮かし、体わうなだれるようになり、全力疾走後の用になった。

俺は電マのスイッチを切り、自分のマン汁が垂れている。
ドロドロになった制服のスカートの状態を彼女に見せるようにし、

俺「ショウコの恥ずかしい汁が制服を汚しちゃったね。見てみな」

ショウコ「ヤダ・・・恥ずかしい」

俺「恥ずかしいなら、もおやめる?」

ショウコ「ヤダ・・・」

俺「じゃあ自分のスカートがどうなったか俺に教えて」

彼女は恥ずかしそうに言った。

ショウコ「スカートを濡らしちゃった・・・」

俺「なんで濡らしちゃったかわからんよ」

ショウコ「私の汁で制服を濡らしちゃった」

俺「唾?なんの汁」

ショウコ「私のマンコ汁で濡らしちゃった・・・」

俺「これからそうしてほしい?一回でちゃんと言わないともう入れこのまま寝るからね」

ショウコ「・・・・・・・・・・・」

ショウコ「○○さんのおちんちんをショウコのオマンコに入れ・・」

俺は彼女は言い終わる直前に化にジョンおマンコに俺の生チンコをブチ込んだ。
全然緩んでないまだ、処女と言ってもおかしくないくらいキツいマンコだったが、ショウコの十分な愛液で、すんなり入った。

俺「痛くない?」ここからは優しく言った。

ショウコ「・・うん」

確実に、初体験の時より痛みなさそうだった。
それもそのはず、俺が海外勤務中(仮想)メールでオナニーをする様に送っていたし、国際電話ということで電話し、テレホンセックスをしていたからだ。

ただ奥まで押しつけてすると痛いらしく、とりあえずピストンと同時に指でクリを責めてやった。

「ぁっ…んっ…、気持ちぃ…ぃ…」

「ぁあっ…んっ」

「いいっいよっ…ぁぁあっ…」って言いながらアソコもお腹もヒクヒクさせながら逝ってしまった。

俺はまだ未射精なので、彼女のマンコからマン汁がたっぷりついたチンコを彼女の口に突っ込みイマラさせ、口の奥にたっぷり出し、すべてのみ込ませた。

翌月、彼女に2回目の別れを言い出した。
東関東大震災の復興で東北に転勤になったと。

彼女は、「困っている人の為だし仕方ない」と言い、

俺も「今回はショウコの学生生活もあるし新しい恋もするやろうから待ってってとは言わないよ。別れよう」

ときっぱり言った。

まあ、あんまり本気になられて、こっちにかていがあるって知られたらまずいと思ってね。

後から知るけど、友達にもかなり相談してたみたいだね。
そりゃ当り前か。普通おかしいと思うもんね。

【そして半年後  最終章】

ネットで彼女の名前を検索した。

ブログがヒットし見ていると、新しい彼氏候補がいることが分かった。
それが、また普通の恋ではない。

同じ部活の先輩に片思い。
先輩には彼女がいるが体の関係がある。

クリスマス先輩の別荘に泊って最高に幸せ。

つまり、男にとって イイ女ってことだよね。ってことで、またまた、「久しぶり」メールをした。
簡単に、ご飯の誘いにOKし、飯を食い、もちろんラブホにいった。

ただ今回今までと違うのは、「ゴムはして・・」との事だった。

まあ仕方ないと思い、ゴムをして挿入。
まあ、あのキツキツのマンコがだいぶゆるくなってたね。

俺が「もしかして久しぶりのエッチ?痛くない? 」
かなりセックスしてるの分かったけど、意地悪で聞いてみたら、

ショウコ「うん・・・、○○さんとして以来。でも大丈夫。痛くないです」

俺としては、この時点でセフレとしてしか見てなかったので嫉妬もなく、ただフェラテクが上がっていたので、逆に楽であった。

ただ、セフレとして今後も・・・っていうのは俺のスタイルではないので、ずっと忘れられなかったからまたやり直そうを切り出した。
彼女は即答をせず、学校が忙しい・部活が忙しいっと理由で答えを濁した。

そんなこんなで、年末正月2人でスノボ旅行に行く。
なんて内容をブログで見た。

やなき・・・12月31日

『なんで? なんで連絡がないの? 私を一人にしないで・・・』とブログ。

ははぁん・・・男は自分の本命のい彼女年末過ごし、ショウコとはドタキャンだな?と悟った。

案の定、年明けすぐ、『私でよければ、もう一度やり直してください』とメールが。

つくづく男運の無い女だなと思った。
それから、月2くらいのペースで合い(もちろん夜のみ)エッチを繰り返して言った。

単身赴任でレオパレスだったので、夜な夜なセックス三昧。

ローターを入れてショッピング&プリクラ、アナル開発、目隠し、はめどり色々記録媒体に残した。
俺の単身赴任がそろそろ終わる事、うまく彼女から別れ話がでた。

俺はすべて彼女が年明けから他の男とセックスしたりしているのをしっていたが、あくまでも知らない振りをしており、彼女の行動があやしいので浮気をしてないかカマを掛けた。

実際、俺は不倫なんだけど、自分の事はさておき・・・!!

すると見事に引っ掛かり、最終的には、

「○○さんとは、遊びでした。○○さんの純粋な気持ちを踏みにじり墨ませんでした」と。

俺は、単身赴任も終わりちょうどいいタイミングでしたが。

最後まで、自分が遊ばれてるのに気づかず、自分が男をもてあそんだと思っている馬鹿な女の話でした。
なにが、言いたいかというと、最近ツイッターを始め彼女のつぶやきで、

「きもい男  それは○○ね。今思えばかなりキモイ。彼は記憶から抹消したい」

と、あり少しカチンときて、彼女の愚かさを不特定多数の方に披露したくなり投稿しました。

初体験を許し、かなり愛していた元カレをそんな罵倒する様な女が私は大嫌いだからです。

もちろん私も純粋な女子校生を約4年も騙し、処女を奪ったので彼女と大した相違はありませんが。

長文、文章読みにくいところもありましたがご清聴感謝します。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1353記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。