サークルの先輩マネージャーが看病に来てくれて…童貞&処女卒業

PR

背番号7さんから投稿頂いた「サークルの先輩マネージャーが看病に来てくれて…童貞&処女卒業」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

大学の時、バスケットのサークルに入っていた。
1年の時だがある時、試合で相手のファウルを喰らい
転倒して腰を強打して痛めた。

軽い捻挫のような症状で3~4日、
安静にしてれば良くなるという事で
一人暮らしのアパートで静養する事に・・。

二つ年上の3年生のマネージャーの先輩が付き添って
アパートまで来てくれた。

この先輩は、メガネを掛けてちょっと地味な感じの大人しめの人だった。
ちょっと天然で不思議系のジャージが似合うタイプ。

帰り際に、
『明日、様子見に来るね?
玄関まで鍵開けに来るの大変だろうから・・この合鍵借りてくね?』
と玄関に掛けてあった合鍵を持って帰った先輩。

翌日、学校へ行く前に様子を見に来てくれた。

そして、夕方にも来てくれて、
『何か食べたの?』
『いいえ・・食欲なくて』
『ダメだよ・・食べなきゃ』とパスタを作ってくれた。

そして、テレビを観ていたら、
『そうだ!そうだ!2年のT君が、君に渡してくれって・・
DVD預かってきたよ?一緒に観てやって下さい・・って言われた。』
とプレイヤーにセットする先輩。

T先輩・・って聞いて悪い予感がしたが、止める間もなく・・
無修正のAVが始まった。いきなり、フェラシーン!

『キャァああ!な、何、コレっ!』と飛び上がってオロオロする先輩。

『やだやだ!こんなの初めて見る!』
『す、すごぉい・・ヤダァあ』とか喚いているが、止めようとはしない先輩。

セックスシーンが始まる頃には、画面に釘付けで静かになった。
俺もこの光景に勃ってしまった。

静かな部屋の中でAVの喘ぎ声に混じって先輩の荒い息遣いが聞こえた。

DVDが終わった頃、真っ赤な顔をした先輩が俺の方を振り向き、
『男の子って・・みんな見るんだ・・』って呟いた。

俺の股間をチラッと見た先輩は、
『やだぁ・・おっきくなってるの?!』と両手で口を覆った。

『そりゃぁ・・健康な男なら勃ちますよぉ』
『おっきくなったの観たの・・初めてぇ・・』
『えっ?!先輩・・ひょっとして処女?!ですか?』
『そ、そうよ!悪い!』と口を尖らせる先輩。

『君はどうなのよ?』
『いや・・俺も・・童貞です・・すんません』

暫く沈黙が続いた後、
『ちっちゃくなっちゃったの?!』と俺の股間を指さす先輩。

『はぁ・・興奮も醒めちゃったので・・』
『ふ~ん・・ねぇ・・見せて?実物見てみたいの・・』
と俺のスウェットとブリーフを一気に脱がす先輩。

『いやっ!あの・・イテテ』と動くと腰が痛い。

『いいから寝てなさい。見るだけだから』
とマジマジと俺の半勃起のチンポを見る先輩。

『おっきくならないねぇ?』
『そりゃぁ、刺激がないと・・』
『どんな刺激?』
『エッチなの見たり・・手で触ったりとか・・』
『ビデオみたいに舐められたりとか?』
『そ、そうです』
『そっかぁ・・』と恐る恐る手で触って弄る先輩。

若気の至りでそうされるだけですぐに勃起してしまった。

『すごぉい!すぐにおっきくなるね!』と目を丸々として見入る先輩。

『こうすると出ちゃうの?』とビデオの真似にして手コキする先輩。

『ああっくっ・・』
『気持ちいいの?』
『は、はい・・もっと激しくして下さい・・』
『こぉ?』『あああ・・はい!』
『気持ちいいんだ・・』
『あああ・・出る!』と勢い良く射精して先輩の顔から首にぶちまけた。

『キャァ!』とびっくりする先輩。
我に返ってティッシュで拭い、チンポも拭いてくれた。

『すごいね・・びっくりしちゃったぁ』
『すんません・・』
『でも・・小さくならないね・・』
『先輩が触るから・・』
『そうなんだぁ・・』と優しく触るのは止めない。

『まだ・・出るの?』
『は、はい・・多分・・でも時間掛かるかも・・』
『どうしたらいいの?』
『舐めてもらえれば・・すぐに出るかもぉ?』と我ながら大胆な発言をした。

『こぉ?』とチロチロと舌先で舐めだす先輩。

『ああああ・・そ、そうです!』
『ビデオみたいにやればいいのね』
とさっき見たビデオを思い出しながら拙くフェラする先輩。

『あああ!出ます!』とすぐに先輩の口の中に射精。
『ンンン!』と目を丸くして口で受け止める先輩。

『ごほごほっ・・にがぁい』と噎せながらティッシュに吐き出した。

『すごいね・・』と俺のチンポを拭き、トランクスとスウェットを穿かせる。

『せ、先輩のも見せてくれなきゃ・・ズルいっすよ・・』
『ええ・・そうだね・・でも・・腰が治ってからね・・』
『約束っすよ・・』
『うん・・』

腰も完治し、練習にも参加できるようになった。
それまで先輩は、ほぼ毎日の様に面倒見てくれた。
ただし、エッチな事はあれっきりだったけど。

ある日、練習後に先輩に、
『約束憶えてますよね?』
『うん・・憶えてるよ・・後で鍵返しに行くから』
『はい!じゃぁ、待ってます!』と嬉しさを噛み殺してアパートへ帰った。

数時間後、先輩が来た。

一度家に帰って、シャワーを浴びてきたのか?
シャンプーのいい匂いがした。

Tシャツにデニムショーツ姿の先輩は、緊張で顔を赤らめながら、
『アッチむいてて・・』と俺に言うと背を向けて
デニムショーツとパンティを脱いだ様子。

『いいよ・・』って言われて振り向くと、
ベッドの上にM字開脚で股間を両手で隠して座っていた。

真っ赤な顔で俺から目をそらしていた。
チンコをムクムクさせながら、顔を近づけて手をどかした。

一瞬抵抗があったが、力が抜け手をどかした先輩。
俺の眼前に先輩の処女のマンコが現れた。

ちょっと濃い目の陰毛に囲まれたマンコは、意外と小さく
キレイなサーモンピンク色しており、何かテカってた。

手で触るとビクッと腰を動かす先輩。

『もういいでしょ・・』
『ダメですよ・・』と両足を掴んでマンコに顔を埋めて舐めた。
『ああん!ダメッ・・いやっ』と力が入るが、すぐに力が抜けた。

『いやいや・・』と言いながらも感じている様子。

クリちゃんをチュ~っと吸ったら、
『ダメダメ!オシッコ出ちゃう!』と少しお漏らしした先輩。

自分でもビックリして泣きだした。

その後、舐めたり指で弄ったりした後、
俺もズボンとパンツを脱いで先輩の口元に持って行くと咥えてくれた。

初めての69だ。しばらくお互いに舐めあってたが、我慢できずに、
『先輩!挿れるよ!』
『ダメダメ!』と言ったが、抵抗がなかったので挿入した。

ちょっとてこずったが、何とか挿入してお互いに処女と童貞を卒業。

先輩は、
『いやぁあ!痛いよぉ・・痛いよぉ』と泣きじゃくってた。

俺は、熱くてキツく包み込む膣の感触に腰が抜けた。
無意識にもっと快感を得ようと腰を振っていた。

すぐに射精感がこみ上げてきて、
『あああ!出ちゃう!』
『いやいや!だめだめ!』
の先輩の声で我に返り、チンポを抜いて先輩のお腹に大量に射精した。

先輩のマンコも俺のチンポも血だらけだった。

泣いてる先輩を抱きしめてキスしたら応じてくれた。

その後、少し抱き合っていてから、またセックスした。

先輩のTシャツを捲ってブラをズラして
貧乳気味のオッパイも揉んで吸った。

キレイなピンクの乳首だった。今度は、ゴムを着ける余裕があった。
呆気無く射精したけど・・。

3回目のセックスの時、
先輩は痛みも薄れて気持ちよくなり、オトナの女の色っぽい声を挙げ始めた。

その後、セックスの味を憶えてしまった童貞と処女は、
猿のように狂って毎日の様にセックスしました。

俺のアパートで半同棲状態でヤリ捲りました。
安全な時には、ナマで中出しもさせて貰った。

ツルツルのパイパンにもさせて貰った。
目隠しをしたり縛ったりとSM的な事もしました。

アナルセックスもしましたが、先輩が凄く痛がり一回こっきりでした。

普段、年上なのでお姉さん振る先輩が、
セックスの時は、ドMになり従順で甘えてくる所が可愛く、
泣きながらイキ捲る姿に征服感もあり嬉しかった。

PR

コメント

  1. ポチ君 より:

    学生の時の2歳上ってエロいよなあ

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1358記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。