エッチ体験談が10000話を突破しました。

おじさんばかりの温泉旅行でガイドの40代半ばのエロい女とセックスした

おじさんばかりの温泉旅行でガイドの40代半ばのエロい女とセックスしたエッチ体験談。

3年ほど前の旅行の事
田舎では良くある団体旅行での話です。
私は今40代半ば その旅行はそんな団体の旅行で2泊3日でした
年上とは言いながらそこそこ仲のいい遊び友だちと旅行に行こうって
話になって申し込みしたんだけど、その友だちが1週間前になって
急に行けなくなって 所詮60代が多いこの旅行 どうしようか
考えたんだけど 今更辞めるわけにもいかず
結局いやいや参加したのです。


この旅行は男ばかりで20代が一人 30代一人 40代5人
後は60以上の総勢40名くらいでした。
一日目は朝早く出発して夕方宿に着くコース
途中からガイドが同乗するものの女性は最初からいる
女性添乗員(30代半ば)とそのガイド(40代半ば)
だけでした。
初日の宿泊場所は片田舎の温泉ホテルでコンパニオンもいない
普通に夜宴会は仲居とそのガイドが唯一の女性でした
大手旅行会社に勤める彼女(K)さんは宴会の席で
みんなについで回ってるのもあって相当酔っぱらっていました
             
そのK子が私の席に回ってきたときに、こっそり「携帯番号教えて」
ってお箸の入ってた箸袋を差し出すと K子は突然あわてたように席を
立ちトイレの方に行ったのでした。
少しして帰ってきたK子は私にさっき渡した箸袋を内緒げにくれました
そこには携帯番号が殴り書きで書いてありました。
素知らぬ顔で浴衣の袖にその紙を忍ばせてそのうち宴会は終了
3人部屋だった部屋に戻って飲み直ししてたらK子が部屋に挨拶に
回ってきて 「ここで最後の部屋」って来た。
別に部屋は同行連中のど真ん中やったんだけど
ゆかた姿で飲み直し中の部屋に来てK子は 
「今日はお疲れ様でした・・・」
と言いながら俺の隣に座った
色々話してる合間K子は浴衣姿がはだけた俺の太ももの
奥深く軽いタッチでさわってくる
「これはどう言うことだ」と考えながらK子の目を見る
普通にみんなの相手をしながら手だけは俺の太ももに
そうこうしてたらお開きになった
少し時間をおいて先ほど聞いたK子に電話を掛けると
「部屋に来て ○○○号室だから」って返事
とりあえず部屋の人に「ちょっとジュース買ってくる」
と言って部屋に向かった
「コンコン」とノックすると部屋の扉が開いた
K子ちゃんはすでに浴衣は着てるけど前ははだけたまま
ブラもパンティーもつけてなく丸見えだった
とりあえず 据え膳なので抱きついてキス
右手は下半身に・・・
こんな状態が起こるならばれないようにいったん部屋に帰ろう
と思って
「すぐ後から来るから」
って事でとりあえず部屋に帰った。
部屋の同居人に「外に散歩に行く」と言い訳して再びK子の部屋に
今度はすでに浴衣も付けてない状態で現れた
すぐさま私も着てる物すべて脱ぎ捨てK子のベッドに潜り込んだ
キスや胸の愛撫をしながら69の体勢に
K子は俺のチンコを舐めまくってくる
ビンビンになった俺のあそこをK子のあそこに・・・
しかし、
まさか旅行でこんな出来事が起こるとは予想もしなかった俺は
残念ながら飲み過ぎてた
挿入は完了したものの途中から息絶えてきて
「明日の夜(2泊目)宴会済んだら部屋で上から下まで洗って
あげる だから明日にしよう」
この言葉に「やった~~」 明日でもいいや
と思って途中で抜いてしまった
一応携帯のアドレスもゲットしたので二日目に延期しました
二日目の旅行中 添乗員のK子は合間を見てメールをしてきた
「お・・ 来た」 って思った
「今夜は朝まで二人で居れる?」
って聞いたけど 朝まではねぇ~~?
って返事で少し感づいた俺だった
夜になって二日目の宴会だ
二日目はとある地方都市のど真ん中のホテル
今夜はコンパニオン(それもスーパー)が7人も来てた
今夜こそ って思った俺は宴会でもアルコールは控えめ
昼間立ち寄った観光地で買った「あかまむしドリンク」
準備は万端だ・・・
宴会が終わって さてそろそろって思って電話を掛ける
しかし 出てくれない
メールにも返事は無し
あきらめて部屋に帰ってまた飲み直し
そうこうしてるとk子がまたやってきた
「今日もお疲れ様 ここが最後の部屋~」って
俺は昨日の約束を目で合図するとK子は
耳元で「返ってから絶対だから」って言う
3人部屋だった俺達の中の一人は俺の強引な勧めで
途中から外のソープに出かけることになった
残るは60歳前のおっさんだけ
だけどすっといる その人がトイレに行った隙に
K子は 胸を舐めろ ってうるさい
そのおっさんが3度目にトイレに行ったとき
K子は 「私ここで寝る隣で寝て」って言ってきた
そう言うとK子は布団を2つ並ぶように並べ替えた
トイレに行ったおっさんが帰ってきた
K子は布団に入って俺も隣の布団に入った
K子はいつの間にかはずしたブラの中の乳首に俺の手を持って行った
K子の右手は俺の大事な物を握りしめて
俺の右手はK子の乳首をコリコリする
k子はおっさんがいるにも関わらず
よがり声が出てしまうようだ
おっさんも「??」ってな顔つきではあったが
なんとそのままK子は寝てしまった
またおっさんがトイレに行った隙に
乳首コリコリ舐めると 寝ながらよがり声
結局ソープに行ったもう一人も帰ってきて
K子部屋に帰るよう説得
旅行が終わった後 メールは時々するけど未だ逢えずにいる
                  完結

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!