エッチ体験談が11,000話を突破しました。

小6のときキャンプの夜に突然チンポを襲われて…

PR

僕は小学のころサッカーをやっていて、
スポーツ少年団に所属していました。

小6の時に、市の団員を集めて、
キャンプをやろうって企画があったんで僕は友達と参加しました。

飯盒炊爨とかキャンプファイアーとか、色んなイベントをこなしていきました。

班の女の子とも仲良くなり始めて、特に班長の子とはよく二人きりで話しました。

夜になって、各自決められた小屋に戻って就寝するように、とのことでした

友達と一緒に小屋に戻ってみんなで色々と話をしたのですが、
小6ですから1時ごろになれば皆寝てしまいました。

ですが、僕はその頃から夜更かし慣れしてたし、
こういうキャンプがはじめて興奮してなかなか寝付けませんでした。

2時ごろ、小屋の扉が開く音がしました。

逆光でよく見えなかったのですが、二人の人影が確認できました。

起きているのは僕だけだったので、
僕だけが上体を起こして「誰?」と聞きました。

するとその二人はズンズンと僕に近寄ってきました。

僕をうつ伏せに倒し、二人とも僕の上に乗っかってきました。

じたばたと抵抗しましたが、身動きが取れずされるがままでした。

一人の手が僕のズボンの中に入ってきて、ペニスを掴んで扱き始めました。
まだ僕はオナニーを知らなかったので、ペニスを扱くのは初めてでした。

信じられないほどの快感が襲ってきて
「やめろ!」と言いたくても
「やっ・・やめぇ・・あぁ・・」とかになってしまいました

二人は代わる代わるペニスを扱き、
「結構大きい」とか「ピクピクしてる」とか報告しあいました。

いきなり、全身に電流のような快感が流れ込みました。
精子は出なかったので、正しくは初オーガズムです。

それでも二人はペニスを扱き続けるのですが、
ペニスに触れるだけで麻痺しそうなくらいの快感が襲ってきました。

これ以上ペニスを触られたらおかしくなる!
というのが本能的にわかったらしく、
体をジタバタさせて二人を吹き飛ばしました。

あまりの快感に、その場で倒れたままの僕に
二人は「結構大きかったよ」とか
「もっと凄い人知ってるよ」とか声をかけてきました。

二人が女だったら女性恐怖症にでもなってたかもしれません。
それが救いですね

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR