エッチ体験談が11,000話を突破しました。

出会い系業者のドM女とテレホンセックスした

PR

出会い系の業者の女と会ってドSに責めてフェラチオさせた 番外編

2年ぐらい前、出会い系とかの無料サイトに登録しまくったせいで1日に勧誘メールが1日20通とか来てた。

その中にたまに募集みて本当に会ってくれる子がいるから、一応勧誘メールでも全部中見ちゃうんだけどその中に「優24歳処女奪ってください!」と言う内容があった。

この時は処女と言う言葉にすごく弱くてすぐメールしちゃって案の定、「ここに私の写メありますみてください!」とURLが貼ってあった。
メールが来たから適当に会話合わせながら、


「都内のどこ住んでるの?」

と聞いてみたら、

「優は東京の〇〇って所に住んでます!」

住んでる所が同じだったので、さらに詳しく場所を聞くと俺の家から近そうで、話の雰囲気から嘘にしては場所付近の建物に詳しいから

「俺もその近く住んでて行くのに5分かからないから会って話ししようよ?」

と言うと、普通はフリーメールでのやり取りで分かる訳ないから業者側が俺のメールを無視するか、もうメールしなければいいのに、勧誘メールを送る業者と言う仕事に慣れてないのかメールが途切れた。

最後のメールから4時間ぐらいしてからメールが来て

「ごめんなさい・・実際に会うことはできないの・・」
「会いたいってさっきまで散々いってたじゃん?じゃあ電話番号教えてよ」

業者にはきつく当たる癖がこの辺りからついてたのかもしれない。

「教えるだけですよ?090-xxxx-xxxxです。」

普通に教えてきたから偽電だろうと思いつつ本当に優本人が電話に出た。
電話の裏で流れてる移動式パン屋の宣伝カーの声がどっちの電話からも微かに聞こえてきたので確信して言ってみた。

「優が住んでるの〇〇町の〇丁目じゃないの?」
「え・・」

多分図星だなって思って先に断言して言ってみた。

「〇〇町なら近いから会おうよ、〇〇公園分かるでしょ?すぐだから来てよ」
「彼氏居るし無理ですよ・・」

と言う反応で、結局きてくれなかったけど電話は続行できて、彼氏が居るらしいけど最近会ってないとか、そういう話を聞けた。

「今は普通に付き合える人が良いんだ・ごめんだけどもう電話しないでね・」

とか言われたけど俺はもう会ってHする事を考えていてHモードに入っていたので電話越しに、

「ぴちゃぴちゃ・・れろれろ・・」

と舐める音を出してたら優が急に話をしなくなった

「はぁ・・」
「ここが気持ちいいの?」

「あ・・ダメだよ・・」
「じゃあ変わりに優が舐めてよ」

「えー・・どうやって・・?」
「指がアレだと思って舐めて音早く出してみて」

「うん・・こう・?・・ぴちゃぴちゃ・・ん・・こんな事したの初めて・・」
「もっと激しくして」
「んん・・こう?・・にゅぷ・・ぺろ・・・・・はぁ・・」

俺も電話でここまでうまく舐める子と話した事なくて、すぐいきそうになってきたから

「このまま口でいっていい?」
「うん・・・うん・・・」

「うん、じゃなくてはいでしょ?」
「はい・・」

その従順さに出そうになって、

「優、出るよ」

といった瞬間いつもより多い感じで出した、その時優は

「あっ!・・やぁ・・いくぅ!」

と、こっちに合わせていったのかいった振りをしたのかは分からなかった。
2人とも言葉が出ないぐらいに、

「はぁはぁ・・」

って言う息遣いだけ聞こえて、しばし沈黙の後何も言わず、優が電話を切った。
少し落ち着いた後に、会ってHしたかったなって思ったけど、業者とTELHしたのかなと言う変な興奮があった。

その翌日朝10時過ぎにまだしたりなくて優に電話をしてみた。

「優、今何してるの?」
「え・・外回りで埼玉の方きててこの後帰るけどもう電話困るよ・・一応私彼いるし・・」

と言われても色んな出会い系メールのしつこさに迷惑かけられた事をなぜか優で晴らしたかったから

「帰る前に近くにトイレない?」
「駅のトイレならあるけど・・なんで?」

「良いからトイレ行ってみて、そこに誰かいる?」
「ううん・・誰もいなそうだけど・・」

「じゃあ下着脱いでアソコ指で広げてみて」
「え・・!?でもここ・・トイレだけど・・」

「良いから早く」
「う、うん・・」

電話越しに衣服が擦れる音がして、下着を脱いだと言うから証拠に脱いだ下着を写メをその場で撮らせて送らせた。
アソコの部分をアップで撮らせたけどまだ濡れてなかった。

「ちゃんと脱いだね、アソコ広げて何色か教えて」
「ピンクです・・ここじゃ誰かに聞こえちゃうよ・・」

「ここじゃなければいいんだ?じゃあ人いなそうな公園を下着履かないまま探して」
「無理だよ・・・何でもするからもう許して・・」

と言うから

「じゃあ今フェラでいかせて」

そう言うと何もいわず優が

「・・ちゅる・・・ちゅぱ・・ちゅるちゅる・・」

トイレで外にばれないようにうまく声を抑えながら舐める音を出して、3分ほどしてから

「優、口に出るよ、もっと早く」
「ちゅるちゅる・・ん・・ん・・ん・・んん!」

大きい声で電話越しにいる俺の方がばれると思った、

「出る!・・優の口にすごい出てる・・」
「ん!・・はぁ・はぁ・・もういいですか・・?」

「気持ちよかったからもういいよ、残りは帰ってからね」
「帰る時はそのまま下着履かないで帰って家着いたら連絡して」

「えぇ!?・・もう・・無理だよぉ・・」
「何でもするって言ったでしょ。返事は?
「はい・・」

その後電話を切ってメールに切り替えて、ノーパンで家に向かわせた。

「今どの辺の駅なの?」
「今〇〇駅出たところです・・あの・今向かい側に女子高生が3人座ってます・・」

「ノーパンってばれちゃうの怖いの?」
「こ・・怖いです・・もう下着履いたらダメですか・・?」

「言うこと聞くんでしょ?」
「・・う、うん・・」

それから30分ほど自宅に着くまでメールで虐め続けた後、自宅に着いたみたいなのでメールした。

「じゃあノーパンで帰ってきたアソコ広げてデジカメで撮って送って」

何の反応もなく優から添付付きメールが来た。
アソコからものすごい量が垂れてるHなアソコの画像だった。

俺はその画像見て我慢できなくなって何もメールで返さず、いきなり優に電話した。

「優?・・入れるよ・・ほら・・生ですんなり入るね・・」
「え・・!?やぁ・・生はダメぇ!」

TELHで生はダメと言われてめちゃめちゃ興奮してすぐに出そうになって

「中で出すよ優」
「中は絶対ダメだよ!?・・本当にダメなの・・ごめんなさい・・許してください・・」

とすごいお願いされたけど優の言う事は聞かず

「出る!びゅる!びゅくく!びゅるる!う・・優の中でいっぱい出た・・」
「中は絶対ダメって言ったのに・・ひどいよ・・」

とTELHだったんだけどこの後マジ泣きされて大変だった。
その後、約束でTELHでも中だしは絶対しないと言う変な条件を約束に、週に何回か顔、胸、アソコのエロ写メとか動画送らせて、それをお互いに見ながらTELHする関係になった。

特に優が寝てる時間に電話してHに持ち込むと、寝ぼけてるのに感じてHな声を出してすごいいやらしい。

今でも月に何回か深夜とかにどっちかが急にしたくなったらメールで画像を送った後TELHやってる。
でも近所に住んでるのに会わないで長期間のTELHだけの付き合いだから余計興奮する関係になってます
以上です。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR