エッチ体験談が10000話を突破しました。

会社のお気に入りの女の子にこっそりザーメンを飲ませ続ける方法

もう辞めてしまったけど、
お気に入りのいずみのマグカップに1年間毎日
ザーメンを発射し続けた。

夜中に給湯室からいずみのマグカップを取出し、ザーメンを発射。

軽く拭いて元に戻す。
いずみは毎朝俺のザーメンがべっとり着いたマグカップにコーヒーを入れ飲んでいた。

マグカップの内側に付着したザーメンがコーヒーで剥がれ、マグカップの中で混ざる。

いずみは毎日俺のザーメンを飲んでいたが、
コーヒーの味が強くて気づいていないだろう。

いずみは京都支店で間違いなく一番の美人。
いずみで妄想してマグカップに毎日大量にザーメンを発射し続けた。

本当に休みなく1年間発射し続けた。

いずみは綺麗なので、全然問題なく
1年間ザーメンをマグカップに発射し続ける事ができた。

彼氏や旦那より俺のザーメンをいずみは間違いなくたくさん飲んでいるだろう。

他にガムやフリスクにもザーメンをぶっかけた。

いずみが口にするもの全てにザーメンをぶっかけて、飲ませ続けた。

いずみが俺のザーメンを飲むかと思うと
毎日にもかかわらずすごい量のザーメンを発射することができた。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!