憧れのバイトの先輩との幸せすぎる筆下ろし

PR

大学1年の7月、
夏休みを利用して生まれてはじめてバイトした。

小さな洋食屋で内容はファミレスみたいな感じ。
皿洗いに掃除、ウェイター、調理補助なんでもやった。

ホールの仕事はA子さんという先輩バイトに教えてもらった。
服飾デザインの専門学校に通う2つ上。

細身で胸デカくスタイルメチャいい。
艶のある黒髪のポニーテール、
小さい肩やくびれた腰とスラリと伸びた細い足、
いつも後ろ姿に見とれてた。

小顔にあまり似合ってない眼鏡、
少し唇が厚く美人ではないがかわいい印象はある。

ある日、大雨で暇な日がありホールは二人きり。
店長から閉店を2時間早めると言われた。

自分は電車通勤なので店長が車で駅に送ってくれることになり
A子さんは徒歩通勤なので自宅まで乗せて行くと言ってたが
「駅でお茶して帰る」ということで一緒に駅で降りた。

それでは、とA子さんと別れたが3分ほどして直電。
「お店が閉まってた。雨も酷いので一緒に時間つぶしできない?」
とお誘い。

これが夢の世界の入り口でした。

食事してないので駅構内の小さな居酒屋でしばらく飲んだり食べたり。
話の内容はバイトの人間関係や給与、私生活、お互いの学校のことをA子さんペース。

女性とはほとんどプライベートな話をしたことがないので新鮮で楽しかった。

そんな中で「A子さんのスタイルはプロ級ですよね」と
酔った勢いで言ってしまったら顔が真っ赤になりとても照れてた。

その姿がなんかかわいらしく自分の意思は決まってしまった。

外に出たら小降りになってたので
「自宅まで送ります」と申し出たらA子さんは喜んでいた。

徒歩5分でA子さんのアパート。暗黙の了解で
「遅いから泊まって行く?」
「いいんですか?」
「いいに決まってるでしょw」

部屋に上がり、濡れた上着を脱いでハンガーを借りて干し寛いだ。
きれいに片付いた女の子らしい部屋。

しっかりしてる人なんだなあと感心した。
汗をかいたからシャワーを使うねと
A子さんが「一緒に浴びる?w」、「いいんですか!」と返事すると

急に真顔になり「あはは、やっぱり別々に入ろうね」

心臓の鼓動が高鳴りなんか鼻息が荒くなった自分に気づいた。
A子さんがシャワーから出るまでずっと同じ所に立ち尽くしていた。

A子さんがシャワー室から
キャミを長くしたような部屋着で出て来た。

眼鏡外した化粧っけがない素顔。
眼鏡とはぜんぜん違う可愛いらしさ。

それにとても女の子っぽいし
身体のラインが薄い部屋着を通して眩しいぐらいだ。

興奮というか萎縮してしまった。

「次の人、どうぞ」と言われてあわててシャワー室に入る。
借りたタオルにボディーシャンプをこすりつけて一所懸命いろんなとこを洗う。

浴び終わって濡れた身体を拭いてるうちに
「着替えがない!」ことに気づいた。

すると「私の短パンと寝間着使って」と声が隣の部屋から掛かった。
この時ほど貧弱なやせ気味でよかったと思ったことはない。

リビングには冷たいウーロン茶が用意されていた。
自分は心臓バクバクで挙動ってるのに
A子さんは気を遣う余裕。できるなあ。

小さな1.5人掛けぐらいのソファでおしゃべりしてるうちに
だんだん距離が近くなり肩と肩が密着し
左手をA子さんの肩に回した。身を預けてくるA子さん・・・

しかし童貞の自分には次の一手が分からない。
すると「こっちをちゃんと向いて」と言われてキスされた。
完全にA子さんがリード。

舌が絡むので真似をする。
自分もA子さんも息づかいが荒くなる。

右手を取られA子さんの豊かな胸に当てられる。
オッパイをおっかなびっくり揉んだ。

さすが巨乳!揉みごたえがハンパない。
自分の固くなった股間にA子さんの左手が伸びる。

短パンの上から握られパンツの中に細い指が入ってきた。
亀頭に触れた途端ピクッとしたが
掴まれゆっくり動かされると気が遠くなり溶け出しそうだった。

短パンを脱がされ寝間着も取られる。
全裸のぼくの股間をゆっくりと触りながら
「口に入れてもいい?」と聞かれ返事する間もなくフェラ。

気持ちいいどころではなく
感じすぎて気を失いそうになる。

身体が硬直して出そうになる直前A子さんが離れる。
そして「身体をよく見せてくれる?」と思いがけないことを言われた。

蛍光灯のスイッチが入り
170cm53kgの全身に彼女のまなざしが注がれる。

A子さんは微笑んでいる。
屹立した股間が痛いぐらいに感じる。

しばらくしてまた股間を口に含んだ。
ダメだ、ホントにもう逝ってしまう。

そしてA子さんの口一杯に放出した。
すごく長い時間ドクドクと流れている。

彼女が口を話すと近くにあったティッシュにゆっくりと吐き出した。

でもまだコチンコチンに固いまま。
彼女はぼくの右手を部屋着の下に持っていった。

下着を履いてない!
はじめて触れる女性に戸惑う。

A子さんは丁寧に
「ここを触って、中指で。そうそう あっー あぁぁ」と悶え出した。

可愛いし妖艶で艶かしい。
喘ぎながら部屋着を自分で脱ぎ出す。
悶えあう全裸の男と女・・・

「ちょっとストップ」と言ってゴムを取り出し装着された。

そしていよいよ自分が覆い被さり
彼女に誘導されて初めての経験。

この日2度目の放出。
夢のようであり堕ちたようでもあり
不思議な感覚を今も思い出す。

激しい息づかいで仰向けになっていると
A子さんは僕の萎えだしたモノをきれいにティッシュで拭いてくれた。

そしてまたおしゃべり。
ぼくは痩せててタイプだったし
まだ童貞だなって思ったこと。

おつきあいができないかなあ、といつも考えてたんだそうだ。

でも自分の容姿、特に顔立ちがコンプレックスで
男性に対して積極的になれない、
でも今日は駅で二人になれたのはまたとないチャンスだと思って
決心して連絡したこと、

デザインを勉強したかったのはどんな人でも似合う服装は必ずあるから
そんな夢を与える仕事をしてみたいから、などいろんな事を話してくれた。

男性用のセクシーなスポーツウェアも考えているんだ、と画帳を開いてくれた。

数十枚の克明で写真のようにきれいなスケッチ。
どうしてこんなに機能的で芸術的でカッコいい絵が描けるんだろう?と驚いた。

1ページずつじっくり見ていると「どう?変でしょ」と聞かれたが
凄くドキドキしてしまい「僕がモデルになりたいぐらいです」と鼻息荒く答えた。

「ありがとう」と言われて
「じゃあいつかショーにはでてもらわないとね」と笑う。

そして裸同士でまじめな顔で見つめ合った。
ぼくの股間はまたムクムクと起き上がってくる。

「今度スケッチ描かせてね」とぼくの胸に寄り添って、そしてキスをした。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1437記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。